【円と点】


円の中心には、必ず点がある。
その点の定義は円の中心。

 

円が存在するから、中心の点がはっきりする。

円のおかげで点の存在が見えてくる。

 

コンパスで円を書こうとすると、
今度は中心となる点が決まって、そこから円が描ける。

点のおかげで円の存在が見えてくる。

 

「円が先で点が後?」
「点が先で円が後?」
「円のお蔭で点がある?」
「点のお蔭で円がある?」

 

うーん。どっちもありで、どっちも正しいよね。

 

『絶対こっちだ!』って決めつけてたら、思い込んでたら、
そこにあるモノや現象を、そういうものだとしか思えなくなる。

 

モノの見方、考え方、感じ方は人それぞれ。
全部違って、全部あり。どれが間違いとも言い切れない。

 

となると、それを引っくるめて「よく視る」ってことが大事だと思う。

そうしないと、これは正解であれは間違いとか、
これは良くてあれは悪いっていう風に最初から決め付けてしまう。

 

そうだと思い込んだままであまり深く考えずに、
本質を見ようとしないまま反射的に動いてしまう。
誰かが流した情報操作にコントロールされてしまう。

 

一つの現象に対する解釈や意味付けは、多角的で多面的。
そう思って、少し立ち止まって、

 

「ホントかな?」、「なんでだろう?」

 

を繰り返すと、今までみえなかった部分が見えてきたり、
そこに新しい価値や存在意義なんかも生まれてくる。

 

そうすると、自分の周りに拡がるいつも過ごしている世界や、
周りの人に対する見方も違ってくるはず。

 

ついつい、今までの習慣が自分の中に、
「当たり前」や「思い込み」っていうモノを自然と作り出す。

それはいつの間にか、自分の死角にピッタリと張り付いて、
影を潜めて付き纏う。

 

こいつを追っ払うのは、なかなか今の自分には手強い!

 

でも、前の自分よりは幾分か、
「待つ」と「視る」が少しづつ出来てきた気がする。

 

浮かんでは消え、消えてはまた浮かんでくる「想念」。
それに気づいて、葛藤して、また自分で考えてみる。

そんな経験を桁違いに積み重ね、体感する機会が、
半年前に始まって、今も絶賛継続中!

 

週末には、同じようなことを多くの人が体感する機会に、
今度は自分が傍から視ることになる。

そこでもまた、自分のことを深く知る場面が待っているはず。
どんな非常事態が巻き起こるのか?!

 

台風よりもやばいことになりそうな予感・・・。
その前にもう一回、開いとこっかな~♪

 

<加藤秀視著『自分を愛する技術』無料立ち読み ページ>
http://kentanagakura.com/katoshushi/talklive-party/

20141009②