【まさか、自分が本を書くことになるとは・・・】


いきなり何を言い出すの?

 

と思われるかもしれないけど、
何の因果か、いろんな偶然が重なって、
出版するということになった。

 

少し変則的な形での出版にはなるものの、
ちゃんと出版社の方とも契約し、
校正・編集・事務・デザイナーといった、
プロジェクトチームを組んでの、
ビジネスになる。

 

ほんと、人生は何がどうなるかわからない。
予想もしないことが急に起こる。

そうなったとき、どういう選択をするのか?

 

今までの僕なら、

 

「初めてのことだし良く分からないしな~。」
とか、
「やってみて散々な結果だったらこわいな~。」
とか、
「自分が本を書くなんて、そんなの難しいんじゃない?」
とか、

もしかしたらそうなっていたかも。

 

もちろん、
今回だっていろいろ考えたり迷うこともあった。

 

ただ、本当にありがたいことは、
もうすでにベストセラーになっているような、
大きな結果を出している人から話を聴いたり、
直接相談できる環境にいること。

 

最終的に決めるのはもちろん自分だけど、
すでに世の中で結果を出していて信頼できる人から、
直接のアドバイスをもらえるというのは、
何物にも代えがたい財産だと、改めて思う。

 

本当に、人との出会いは人生を左右する。
だから、誰と一緒にいるか、
誰と組むのかということは、
この1年で特に意識するようになった。

 

そういった人と繋がれるこの環境中に、
自分の身を置くという選択をし、
そういう状況を作った自分を褒めてあげよう。

 

そしてまた、
今までにない経験を積もうという、
新たな選択をした自分を褒めてあげよう。

 

結果がどうなるかはやってみないと分からないが、
まずはここまでのプロセスや、
今までにない経験をするということにフォーカスを当て、
自分ができることをコツコツやっていこう。

 

一発逆転なんてそんな甘い世界は、
誰かが都合よく語る捻じ曲げられた世界。
現実はもっとシビアで、冷酷で、痛みを伴う。

 

だからこそ、ただの一発屋ではなくて、
現実で結果を出し続けている人は、
その裏で人知れず僕たちの想像以上に、
持てる力を出し切ろうと自分と向き合っている。

 

大きな結果を出している人は、
それに見合うだけのことをひたすらやっている、
ただそれだけのこと。

 

この「出版」という案件も、
自分がどこまで出来るのかを試す、
いいチャレンジになる。

 

今までにない経験が、
意識の中に不安と混乱を呼び、
それがまた次への進化を生み出す。

 

あとはただ、
出来ることをただひたすらやるだけ。