【人生を変える本、自分の今を振り返る本】


最近、間違いなく思うこと。それは、

 

「1冊の本が人生を変えるんだなー。」

 

ということ。

 

この本も間違いなくそう。
朝から一気に読んでしまった。止まらなくてw(笑)

 

最近、自分の施術の中で考えていたこととも、
不思議とリンクする。

 

つながるという言葉で表現されていて、
それが自然にスーっと浸透してくる感じ。

どんな手技や方法かではなく、
相手の治癒力が自然と引き出される状況は、
お互いが相手を感じて、
つながることでより促進される。

 

そうなるために、
僕は施術者としてその場にどう在ることが、
相手の邪魔をせずもっとも力を引き出せるのか、
そんなことを改めて考えた。

 

自分は他人で、他人は自分。

 

すべてのものには裏と表、光と影など、
それぞれを生み出すもう一方がいないとダメで、
どちらがかけても成り立たない。

 

それ自体は自然と在るものなのに、
人が勝手に都合よく解釈をつけて、
その時の環境でどっちがどーだと決めつけ、
分けているだけ。

 

もともとすべてが一つ。

 

それなのに、当たり前のことが、
当たり前に感じられなくなっているこの世界。

 

だからこそ、
いつも自分に還り、またそこから外に出て、
また還り・・・

 

その繰り返しの中で、
自分にとって大事なこと、
自分が嘘偽りなく喜ぶことを、
ちゃんと感じて、ちゃんと選ぶ。

 

今日は、この本を読んでそう感じたわけで。
ちょっと間をあけて、また読んでみよう。

一回じゃ、もったいない。

 

この本の深さには、
まだまだもっと奥がある。

そう感じて仕方ない本。
真っ赤な出会いに感謝だ。

ONE 「1つになる」ということ  加藤秀視 著