【ぱかっ、ぱかっ、ぱかっ】


前回ご紹介させて頂いた、
僕の施術を受けていただいたクライアントさんの、
2回目後のブログ記事。

 

前回からの繋がりと、
今回での身体と心の連動した解放を、
ちょっと不思議な体感とともに、
これまた優しい言葉で綴られています。

 

施術の際に起こる体感はその人のものであって、
誰でも必ずそうなるわけではなく、
そうならなくても別にかまいません。

 

ただ一つ言えるのは、

 

「このクライアントの場合、
心へのアプローチだけでは難しかった。
身体と心、両面からが必要だった。」

 

ということ。

 

治療家やセラピストはどうしても、
自分の得意なジャンルでなんとか解消したいと思い、
むりやりそこに当てはめて対応しようとしがちです。

 

身体を診れる治療家なら、身体からのアプローチで。
心や意識を扱うセラピストなら、心や意識へのアプローチで。

 

と、そんなふうになりがちじゃないかと・・・。

 

もちろん、それで解決できるケースもあります。

 

ただ、今の世の中で生きる人の多くは、
両面からの問題が複雑に絡み合っていて、
片方からのみでのアプローチでは、
なかなかそれをほどくことが難しい。

 

そのように感じています。

 

もっと繊細に両面から、
さらに言えばより深く多角的に、
相手の状態を紐解かない限り、
本当の解放にはなりません。

 

前回の記事と合わせて読んでいただくことで、
そういった身体と心の大事なつながりについて、
感じて頂けたらと思います。

https://haku-renmi.amebaownd.com/posts/356390

 

※前回の記事はコチラ
https://haku-renmi.amebaownd.com/posts/246531