【触らない、動かさない、治さないという新たな世界(施術)を】


ずっと、考えていた。

 

揉んだり、押したり、引っ張ったり、
身体が良くなるには、
ホントにそんなことが必要なのか?

 

トレーニングし、鍛えて力をつけ、姿勢を正す。
そうしないと、
ホントにパフォーマンスは上がらないのか?

 

いや、そんなことはない。

 

もちろん目的にもよるが、
そんなことしなくても身体は良くなるし、
パフォーマンスも必ず上がる。

 

余計なことをせず、
身体に現れる感覚を味わいながら、
その流れやリズムと一体になる。

 

身体はいつも治りたがっているし、
気持ちよくなりたがっているし、
もっと力を発揮したがっているし、
そのために必要なことが何かも知っている。

 

あとは、持ち主次第。
どう感じ、何に気づき、意識を向けるか?

 

上手く言葉にできないけど、
やっとなにかがみえてきた感じ。

 

施術とは・・・。
意識とは・・・。
生命とは・・・。

 

ここにきての、進化。
ちょっとした、覚醒。
もしかしての、革命。

 

何かがすべてつながる感じ。
何もいらないといえる感じ。
何だっていいと思える感じ。

 

頭の中には確実にあるのに、
今はなかなか言葉にできない。

 

さてさて、どうやって形にできるか。

 

あかん、抽象的過ぎる。
でも、今はまだ、しゃーないか・・・。