【書き続けられる理由】


以前は、肩や肩甲骨の硬さが気になって、
「書き続ける」ことが結構苦しかった。
あ、嘘ついた。めちゃくちゃ苦しかった。

当時はそこまでそうだと気付いていたわけでもなかったのだけど。
楽になって初めて、ああキツかったんだなと分かる。

これは結構怖いことで、
知らない間に自分本来のパフォーマンスを

発揮できていない可能性が高いってこと。

自分みたいに日常「動き」が少ない人ほど、
体についてよく知るべき。

で、つい先日、日向英敏さんの施述を受けて、
そこから執筆スピードも急上昇。
マジで。自分の力を取り戻せた感があった。

で、その日向英敏さんが初の電子書籍を出したので、

オススメしておきます。
本当に安くてタメになるので読んでみて。

 

「エネルギーを味方につける非常識な成功法則」
~努力ゼロ!頑張らずに最大限の力を発揮し、自然とパフォーマンスが高まる方法~
http://www.amazon.co.jp/dp/B01DO9ANV4

 

(池田潤 ベストセラー作家・コーチ)