【「こころ」の状態が悪いのは「からだ」の状態が悪いから?】


って感じの人が、ホントに多い。

 

もちろん、
メンタルやマインド面それ自体の不調から、
「こころ」の状態が悪くなるというのも否定できない。

 

でも、
「メンタル」や「マインド」に問題が出ている人は、
総じて「ボディ」や「フィジカル」に問題がある人が多い。

 

つまり、「こころ」の状態に問題が出てる場合は、
「からだ」の状態にそれ相応の問題があるってことだ。

 

これは、主に「こころ」の問題を抱えていたクライアントで、
「こころ」に対するセラピーやカウンセリングを受け続けてもダメだった人が、
「からだ」へのアプローチを併せることで良くなったケースをみても、
間違いないだろう。

 

ということは、逆に「からだ」の状態を良くすれば、
「こころ」の状態も勝手に良くなるとも言えるわけだ。

 

例えば、
ヤル気が起きないとか気持ちが落ちているというときに、
もし「からだ」が驚くほど軽くなって、
エネルギーがみなぎってきたとしらどうだろう。

 

なんだかウキウキしたりルンルンしてきて、
ちょっと動いてみようとか、
どこか出かけてみようなどと思うんじゃないだろうか。

 

ヤル気が起きないとか気持ちが落ちてるとか、
そこにはその人なりのいろいろな理由や、
特殊な背景があるかもしれない。

 

でも、もし「からだ」の状態が良くなって、
訳もなくなんだか自分から動きたいモードになったら、
暗い気持ちやモヤモヤも一旦忘れて、
何かアクションを起こしたくなるんじゃないだろうか。

 

そう考えると、
日頃から「からだ」の状態を良くしそれを保っておくことは、
「こころ」を良い状態に保ち、
不安や恐れに捉われず、不要な緊張を抱えずに過ごすための、
最重要課題だと言えるだろう。

 

「こころ」の状態は目には見えないが、
「からだ」の状態は目に見えるし、触れて感じることもできる。

 

「からだ」は物理的に、具体的に、客観的に状態を把握できるし、
その前後の変化や違いも本人がよりハッキリと体感できる。

 

要は、わかりやすくていいってこと。

 

「からだ」の状態を良くするための手段や方法は、
別に何でもいいと思う。

 

運動でも、食事でも、ヨガでも瞑想でも、
その人に合っていて続けられるものならなんだっていい。

 

それをした時に、
自分の「からだ」が喜んでいるか。

 

快感や至福、静けさ、安堵感、リラックスなど、
あなたの「からだ」がいい状態へと変化しているのか。

 

それを意識して感じることができていれば、
そのために何をするか、選ぶのは自由だ。

 

結局のところ、
自分の人生を豊かで価値のあるものにしたいなら、
身体を置き去りにはできないし、

 

「良くも悪くも、あなたの身体と意識次第!!」

 

って言える。

 

気づいている人は気づいているが、
気づいてても何もしない人はヤバイし、
気づいてない人は文句なしでヤバい。

 

僕は「からだ」のプロとして、
ちょっとでも多くの人に伝えていくのが、
自分の仕事だし役目だしビジョン。

 

だから施術するし、セミナーやるし、
講座もやるし、動画でも話すし、
本も書くし、音声でも喋る。

 

できることをとにかくやるしかない。

 

さて、あなたの「からだ」の状態は、
今どうだろうか・・・??

 

 

p.s.

世間はGW真っ最中ですが、
施術に関するお問い合わせを個別で頂くことが多いので、
念のためこちらにも記載しておきます。

※メルマガに登録して頂いている方や、
事前にご希望頂いている方には、
個別メッセージでも改めてご案内させて頂きます。

 

ご希望の方は、以下をご確認のうえお申込みください。

 

<5月東京施術スケジュール>

場所:中央区日本橋 東京メトロ銀座線「三越前」駅周辺
※詳細はお申込後に改めてご案内させて頂きます。

日時:5/18(水)~5/24(火)
※詳細は申込みフォームにてご確認ください。

【お申込みはコチラ】→ http://form.os7.biz/f/e060f5df/

 

<5月大阪施術スケジュールのご案内>

場所:大阪市福島区 「福島駅」「新福島駅」周辺
※詳細はお申込後に改めてご案内させて頂きます。

日時:5/26(木)~5/27(金)
※詳細は申込みフォームにてご確認ください。

【お申込みはコチラ】→ http://form.os7.biz/f/2724cfe5/

 

※施術費用はこちらをご参照ください。
http://salon-hinata.biz/index.php?price

 

※ご質問や、何か気になることなどがございましたら、
個別でメッセージをお送りいただくか、
こちらからお問い合わせください。
http://salon-hinata.biz/index.php?contact