【全員じゃなくても、自分の大事な人に少しでも多く伝わればいい】


って、今は思えるようになった。

 

前は、

 

「みんな、どうすればわかってくれるだろう・・・」

「全員に、どうしたらもっと伝わるんだろう・・・」

 

って考えたり、悩んだりしてた。

 

でも、気づいたのは、

それはただの僕の“エゴ”だったってこと。

 

だって、相手は別に、

そう思っていないかもしれないわけで。

 

僕の世界観も、現状も、想いも、

どれも相手とは違うから。同じなんてことはあり得ない。

 

だから、例え相手に伝わらなかったとしても、

それはそれで仕方ない。

 

そこに良いも悪いもなくて、もしかしたらただ、

「今はまだ伝わらない」ってだけかもしれない。

 

でも、だからって、伝えることを僕が止めるかって言えば、

それはまったく違うことだ。

 

相手がどうかは関係なくて、

それがたとえ今は伝わらなかったとしても、

それでも自分は相手に伝え続けられるかどうかっていう、

ただそれだけのこと。

 

大事なのは、相手がどうなのかってことじゃなく、

こっちの在り方がどうなのかってことだから。

 

つい最近、出した本のレビューにこんなことを書いてくださっている人がいた。

 

“自分の状態が良くないと、ついつい権威者の言葉を鵜呑みにしてしまっていた私。

数年前まで、風邪・花粉症・胃痛などで出されていた薬を何の疑いもなく飲んでいました。

しかし、「たとえ検査結果がそうだとしても 、医師の言葉と判断がそうだったとしても 、

それを鵜呑みにしてしまうのは 、あなたにとって様々な問題を含んでいる 。 」という本書の一言は、

核心をついていると思います。

薬を飲んだところで、症状を抑えるだけで、治してはいないんですね。治すのは自分。

その意識を高めてくれるのが、前作に続く、本書だと思います。

自分の身体を大切にするためにも、必読です。”

 

それを見て僕もまた、

 

「伝わる人にはちゃんと伝わるんだな・・・」

「こうやって真意を感じてもらえる人に、少しずつでも伝え続けていこう」

 

って思ったわけで。

 

今月もまた月末頃に本が出るけど、

こうやって誰かに読んでいただけることを感謝しつつ、

相手になんらかの刺激や変化を与えたり、

意識や世界観が拡がるきっかけを届けられるように、

明日もまたやり続けよう。

 

p.s.

さっきのレビューを頂いた本の詳細はコチラ。

http://www.amazon.co.jp/dp/B01F0CRYME

よければまえがきだけでも読んでみてください。