【イスラム圏から無事帰国】


約1週間ほど、アフリカに行ってきた。

 

特にケガも体調不良もなく、

危険な場面に巻き込まれたりもせず、

昨日無事に帰国した。

 

いろいろ感じたことはあるが、

その中でも特に強く印象に残っているのは、

 

「そこにいる人のエネルギーが圧倒的に高い」

 

ということ。

 

それは良くも悪くも、

 

“生きる”

 

ということに向き合っているから。

 

全力で笑い、手を振ってくれる子供たち。

なにがなんでもモノを買ってもらおうとする姿勢と気合。

チップ一つでガラッと変わる、むき出しの表情と感情。

 

日常の些細な一コマ一コマごとに、

全力で笑い、怒り、喜び、悲しむ。

 

「アラブの春」の影響で、

国家情勢が未だ不安定な状況。

 

明らかに日本より厳しい環境の中で、

今をたくましく生きている人々。

 

それと比べて、

どう考えても恵まれた環境にいる自分。

 

いつもの自分を振り返り、現状を再確認。

 

まだまだ、やれることたくさんあるな。

キッチリと丁寧にやっていこう。