【自然、ヤバし!自分、まだまだやれるべ!】


先週末から3日間、宮城に行ってきた。

主に松島と南三陸を訪れ、その土地ごとの様子を感じてきた。

 

日本三景の一つ、松島。

 

ここには初めて行ったけど、

京都の天橋立、広島の宮島は過去に訪れたので、

これでようやくコンプリート。

 

松島の遊覧はもちろんだったが、

中でもお気に入りだったのは、

松島の湾を見渡せる少し高いところにある茶屋。

 

抹茶をすすりながら、ただボーっと海を眺める。

それだけで、身体の中に不思議な静けさを感じる。

 

旅館も波の音だけが聞こえるところで、

見渡せるのは海に浮かぶ無数の島々だけ。

 

ただそこにいるだけで、

身体の中に溜まっている余計なものが溶けて消えていくような、

そんな感覚。

 

南三陸は、震災から約5年が過ぎ、

被害のあった場所は今も復興に向けて、

工事や開発が行われている。

 

地元の人からしてみれば、

懐かしい風景やお気に入りだった場所は、

跡形もなく姿を変えている。

 

そこには寂しさや、

何とも言えない感覚が湧き上がってくる。

 

でも一方では、まだ5年という時間の中で、

ここまで新しく道ができて、土地が整備され、

人が住み、街として機能している。

 

たったまだ5年でここまでの状態になるというのは、

やはり人の持つ力は底が知れないと、

ホントに改めて驚かされる。

 

海や森、朝日や夕日を眺め、

山に登り、川の流れに耳を澄ませ、

自然の中に身を置く。

 

そうやって感じることは、

やはり、人は自然と離れては生きていけない。

 

どれだけ便利になっても、都会に出ても、

人は自然から莫大なエネルギーをもらっている。

 

そこから完全に離れてしまったら、

やはりどこかのバランスが崩れ、

本来あるべき何かがおかしくなってくる。

 

そんな感覚も、

ずっと都会にいたらわからなくなる。

 

だからといって、

ずっと自然の中にいるだけだったら、

もしかしたらそれを普通と感じて、

そこにあるありがたさを忘れてしまうかもしれない。

 

そうやって両面を捉えていくことで、

自然のエネルギーとうまく融合できる。

 

それを続けることで、この現実世界で、

自分ができることを広く大きくしながら、

人と繋がりまた新たな人へと伝えていけるんだろう。

 

自分の小ささと眠っている可能性を、

大自然のスケールと躍動感を前に再確認。

 

まだまだ、移動と旅は続く・・・。

 

 

p.s.

個別でお問い合わせを頂いてる、

7月の東京施術スケジュールが決まりましたので、

ご興味のある方はこちらからどうぞ。

 

<7月東京施術スケジュール>

 

場所:中央区日本橋 「人形町」駅周辺

※詳細はお申込後に改めてご案内させて頂きます。

 

日時:7/10(日)~15(金)

※詳細は申込みフォームにてご確認ください。

 

【お申込みはコチラ】→ http://form.os7.biz/f/d045ac52/

 

 

※施術費用はこちらをご参照ください。

http://salon-hinata.biz/index.php?price

 

※ご質問や、何か気になることなどがございましたら、

個別でメッセージをお送りいただくか、

こちらからお問い合わせください。

http://salon-hinata.biz/index.php?contact