【自分の中にある「なぜ」にスポットを当てる】


とあるクライアントR氏との、

ふとした会話から・・・。

 

R氏

「日向さんの施術、九州に来る予定は全くなし?

わたしは以前は、針治療を溺愛してたけど、

今年東京で日向さんのセッション受けて、

あの変な動きをしてからもう、

なんのマッサージも、針も、お灸も、エステも、

受ける必要なくなったんで!

なんかまた、新たな自分で受けたいし、

他の人にも進めたいなって。」

 

「希望者が何人かいれば、

スケジュールみて行きますよー。

にしても、なんもいらなくなったって、

すごいですね。さすがです!」

 

R氏

「え!施術をしたのは アナタですよ!

何言ってんの!」

 

「いやいや、身体の持ち主も、

治癒力を備えてるのも○○さん自身な訳で、

僕はそれを引き出すきっかけを、

ちょこっと作っただけなんで!

すごいのは身体のほうで、

僕は関係ないですw」

 

R氏

「えーっとー・・・、

 

 

みたいな流れの会話。

 

こういうの、

僕の中で最近ホントに多いあるある話。

 

なんかどっかでまだ、

僕が治したとか、僕が良くしたと思っちゃう、

そんなクライアントさんとの会話パターン。

 

でもそれ、違いまっせ。

 

確かに、僕は施術をしたわけで。

それは間違いないですよ。

 

でもね、

 

よ~く考えよう~♪(どっかで聞き覚えありw)

 

この会話でも出てきてるように、

そもそも本人の生命力や治癒力というものが、

もしもカラッポだったら・・・。

 

僕が何やろうが、

良くもならないし元気にもならない。

 

いくら僕が、

車のエンジンをかけようとカギをさして回してみても、

ガソリンゼロ、電気ゼロだったら、

エンジンかからないでしょ?

 

完璧に設計された、

一切不備のない車体だったとしても、

それじゃ絶対に動かないし走らないでしょ?

 

僕が施術でやってることを、

一つの例えにしてみるなら、

何かの理由でバッテリーが上がっちゃって、

弱ってて動けない状態のところに、

ちょっとコードを繋いで電気を流してるようなもの。

 

でも、それで動けるようになったとしても、

そのまま使わずに放っておいたら、

またバッテリーもあがっちゃうでしょ?

 

一つのきっかけとして僕が、

相手のエンジンがかかるようにはするけれど。

 

でも、治癒力のエンジンがかかるのは、

あなたの中にその力がそもそも備わっているからで。

 

だとしたら、

あなたを本当に治しているのは誰?

あなたを元気にしているものは何?

 

それは紛れもなくあなた自身であって、

あなたの中に備わっている自然の力。

 

これを忘れちゃいけないし、

それを疑っちゃいけない。

 

だから、

 

よ~く考えよう~♪

身体は大事だよ~♪

ル~ル、ル~ル~、ルルル~♪(ちょっと古い)

 

ってなことを、

僕はずっと施術でも、セミナーでも、本でも、

いろんな形で伝えているんだけど。

 

なんで、

そんなことをやっているんだって聞かれたら、

それもちゃんと理由があって。

 

いくつかあるんだけど、一つ上げるとしたら、

昔、病院で働いていたころ、

自分が担当する、もう末期状態にある患者さんが、

毎週ごとに何人も亡くなっていった。

 

それを、何もできずに見送るしかなくて。

 

もうそこまでいったら、何をどうこうしても、

どんだけ管やコードを繋いでも、

ほぼ間違いなく生命のエンジンは復旧できない。

 

だから、

そういう状況はできるだけ少ないほうがいいなと。

 

寿命をまっとう自然に天に帰るのはいいけど、

不自然な状況の中で人がいなくなっていく様子を、

横で黙って見ているしかないよう場面は、

これ以上は増やしたくないなと。

 

こうやって思っている人は、

たぶん僕だけじゃないでしょ?

 

同じように、医療の世界に身を置く人も、

本当はもう気づいてるし、

このままじゃいけないと思ってるでしょ?

 

医者や病院に身を預けている人も、

心のどこかでは薄々、

なにかがどうも変だと感じてるし、

このままでホントにいいのかなって思ってるでしょ?

 

もしそうじゃなかったとしたら、

それって結構、ヤバいって。

 

もしそうだと思っているのに、

それでもそのままって状況だったとしたら、

それもかなりヤバいって。

 

僕だっていつ死ぬかわからないし、

あなたもいつ、この世を去るかわからない。

 

でも、変な情報に流されて、いいように嵌められて、

誰かがばら撒くコンピュータウイルスみたいな感じで、

必要ない苦しみやリスクをいつの間にか植え付けられて、

それで身体や心を壊してこの世を去るなんて、

僕はやっぱりイヤなので。

 

僕だけじゃなくて、

自分の大事な人がそうなるのもイヤだし、

そんなのを指をくわえてみているのは、

もっとイヤだから。

 

だから、

こんなことをやっているんだなと、

R氏との何気ない会話から改めて、

自分の中にある想いや意識にスポットが当たり、

それを感じることができたな。

 

さてさて、大阪に到着。

こうやって、自分の中にある「なぜ?」を意識しながら、

今日は何を感じ、どこに行き、誰と会い、

そこで何をどう伝えようかな・・・

 

p.s.

7月の東京施術スケジュールが決まりました。

ご興味のある方はこちらからどうぞ。

 

<7月東京施術スケジュール>

場所:中央区日本橋 「人形町」駅周辺

※詳細はお申込後に改めてご案内させて頂きます。

日時:7/10(日)~15(金)

※詳細は申込みフォームにてご確認ください。

 

【お申込みはコチラ】 → http://form.os7.biz/f/d045ac52/

 

※施術費用はこちらをご参照ください。

http://salon-hinata.biz/index.php?price