【知っててもシェアできなければ無意味で無価値】


少し前に、3日間ほど那須の山奥に籠ってきた。

 

そこにいた理由は、

人に秘められた力を200%引き出すための技術について、

より理解を深めレベルアップさせるため。

 

何度も何度も人に伝え、人からも伝えられ、

自分の中の解釈と、

他人の中の解釈を繰り返し擦り合わせる。

 

「自分はなぜそれをやっているのか?」

「それは誰のため、何のためなのか?」

「その為に本当に大事なことは何か?」

 

どれだけいいものであっても、

それを独り占めしていたら、そこで価値は止まる。

一カ所にとどまるだけで循環しない。

 

循環しないということは、

変化も進化も上昇もしないということ。

 

だから、本当にいいものや世の中の役に立つモノは、

自分以外の誰かに伝えていく必要がある。

 

ここで大事なことは、

それを相手にちゃんと伝えられていなければ、

イコールそれは伝わっていないのと同じこと。

 

また、伝えているつもりでも、

それが自分のエゴや自慢や知識のひけらかしなら、

相手はそれを受け取りたいとは思わない。

 

伝えている人自身がただ気持ちいいだけで、

相手には大事なことが何一つ伝わらない。

 

どれだけ上手に喋ってみても、

実際に相手に伝わっていなかったとしたら、

それは意味のない音の塊。

 

自分が発したものから、

相手に何が伝わっているか?

 

相手はどんな意図やイメージを感じ、

それをどう解釈しているか?

 

本当に自分が伝えたかったことは何であり、

それは相手にどのような形となって届いたのか?

 

どれだけいいものであっても、

その本質がちゃんと伝わっていなければ、

それは表面はだけ豪華で中身空っぽの宝箱みたいなもの。

 

 

だから、本当にいいものは、

 

「独り占めせずにちゃんとその本質を伝えること」

 

が必要だ。

 

そしてそのためには、

自分自身がそれ自体を深く理解し、

自分の言葉と体験を組み合わせながら、

自分のものとして表現できないとダメ。

 

誰かやどこかから持ってきた借り物の知識を、

上からうまくなぞって読んでみたところで、

なにも想いは乗らないし、伝わらない。

 

だから、自分のものになるまで、

学びと実践を繰り返すのみ。

 

毎日の小さく丁寧な積み重ね一つ一つが、

自分の中に軸を作り、自分の中にある世界観を広げ、

自分の中に眠る力を引き出していく。

 

ただひたすら、淡々とやってくだけ。

 

 

p.s.

自分の中に秘められている力を引き出すには、

その力そのものを増幅させるのはもちろんだけど、

その力の出口を広げておくことも必要。

 

お風呂にお湯を溜めるとき、

どれだけ蛇口をひねってみたところで、

出口が詰まってたらチョロチョロしか出ない。

 

お湯は沸かせても、それが出てこれなければ、

実際にお風呂には溜まっていかないし、

活用もできないことになる。

 

これと一緒で、

僕たちもエネルギーの出どころが狭かったり詰まっていたら、

せっかく持っている力も発揮できなかったりする。

 

なので、その狭くなって詰まっているのを広げないといけない。

その方法はいくらでもあるけど、必要なことは、

まだ自分の中にない価値観や考え方に触れること。

 

そうすると、出口を締め付けているモノが緩んでいき、

徐々に広がっていくことになるから。

 

例えばこういうことを知るのも、その一つ。

http://hinata-hidetoshi.com/wakayama/seminar/lp/

 

おそらく、かなりのインパクトで出口が広がり、

今まで出せていなかったものが、

ムリなく自然と溢れてくるようになるはず。