【チャレンジの先にあるもの】


先日25日に、

僕が和歌山で主催させてもらった、

加藤秀視さんの講演会が、

無事に終わった。

 

僕一人では、

100%できなかった。

 

準備を進めていく中で現れてくる、

上手くいかないことへの焦り。

先の見えないことへの不安や恐怖。

 

すぐに顔を出そうとする過去の失敗や、

想念や、負の感情と記憶。

 

それでも、

最後までがむしゃらに動き続け、

当日を無事に終えられたのは、

ただただ仲間の支えと応援があったから。

 

休みの日に時間を割いて、

予定をキャンセルしてまで、

街頭でチラシ配りに参加してくれたり。

 

北海道や東北など、

全国からこの日のためにわざわざ足を運んで、

そこに知り合いを巻き込んで連れてきてくれたり。

 

参加者なのにスタッフまで引き受けてくれて、

僕が目の届かないところにまで、

何も言わなくても現場の環境を良くしてくれたり。

 

この人たちがいなければ、

僕はおそらく逃げ出していたかもしれない。

 

みんなの力がなかったら、

僕は途中で諦めていたかもしれない。

 

仲間からの応援と、

エネルギーを分けてもらえたおかげで、

僕は最後までやり遂げることができた。

 

新しいチャレンジに付き纏う、

恐怖と不安の先にあるもの。

 

それは、

自分を支えてくれる仲間の存在と、

その応援の力強さだったり。

 

自分のために動いてくれる人がいるという、

その繋がりというものの大切さだったり。

 

そんな、

自分の周りにいる人の存在に対する、

言いようのない感謝の気持ち。

 

それとともに、

もっと自分の力を高めたい、影響力を持ちたい、

誰かの力になれる自分になりたいという、

今の自分への悔しさや歯がゆさと、

次への挑戦に対するイメージ。

 

無事に終えられたのは良かったけど、

今回の結果自体には、

僕自身も満足はしていない。

 

でも、実際にやってみてわかったのは、

まだまだ出来ることがたくさんあるということ。

そしてもっと結果も出せるということ。

 

一度で終わりでは意味がなくて、

こういった取り組みは続けていくことが大事で。

 

最初から、

すべてがうまくは行かないかもしれない。

 

でも、草の根的な活動から始まり、

それによってまた新たなつながりの輪が広がり、

純粋で愛のあるエネルギーが、

人と人の出会いの中で循環していく。

 

そんなイメージをもって、

また次にチャレンジしたい。

 

これだけパワーのある仲間がいて、

意識の高いメンバーが集まれば、

次はもっと面白くなるし、

よりいい形になるのは間違いないから。

 

25日の準備にバタバタしてたら、

気づいたら今年もあと100日を切った。

 

さぁまた、次のステージへ。

14480703_1698193520507386_2758630412875177274_o

14446329_982537361873356_1710350360_o