【原因追究もいらないし、因果関係なんてムシでいい】


と、最近よくクライアントさんに言う。

 

健康面での問題がある時、多くの人は、
先に原因がハッキリしないと、
問題も解消されないと思っている。

 

でも、果たしてそうだろうか?
本当に、先に原因を明らかにしない限り、
問題の解消は不可能なのか?

 

もしそうだとしたら、
慢性疾患なんて治りようがない。

 

長い間、
ずっとそれを抱えている人からすれば、
「それを抱えている自分像」というものが、
「いつもの自分」になってしまっている。

 

だから、問題を抱える前の状態が、
果たしてどんな状態だったのかということ自体、
本人自身が忘れてしまっていたり、
もはや自分でもよく分からないとか、
そういうことが多いから。

 

もうそうなると、
原因追究はあくまでも想像の範囲を超えず、
それが無理やりのこじつけだったり、
そういうものだと思いたいという願望だったりして、
実態が在るようで無いようなもの。

 

聞こえのいい、
いかにもそれらしい捏造をいくら並べてみても、
そこにはなんの実態もない。

 

それに、原因追究思考は、
あくまでも過去思考。

 

これまでの事象やプロセスといった、
過去の事実やデータをもとに、
今を紐解く思考パターン。

 

そうなるとどうしても、
今この瞬間とか未来へのフォーカスや意識は薄れ、
過去に囚われることになる。

 

人は過去に囚われてしまうとき、
本来誰もが備わっている創造性や、
秘められた力というものを、
十分に発揮できなくなる。

 

いちいち過去の記憶と感情を呼び起こし、
そこに意識を奪われ、
不安と緊張に襲われ、
自ら壊れていく。

 

そうなるくらいなら、
余計な原因追究もしない方がマシだし、
因果関係なんてムシでいい。

 

今どんな状態なのかを丁寧に把握し、
それを自分がどう感じているかを繊細に捉えたうえで、
そこからどんな状態になりたいのか、
そのためには何を意識しイメージすればいいのか、
それを知ることの方がはるかに重要で効果的。

 

それを繰り返しているだけで、
思わぬ変化や悩みの解消が期待できるし、
むしろそれをしないと解消は難しい。

 

原因なんて、その途中とか、
あとで気づいたっていいし。

 

先に原因が分からなくたって、
今この瞬間から良くなることも、
変化することも可能。

 

そういった視点や考え方が、
施術家やセラピストはもちろん、
クライアントにも浸透していけば、
余計な症状や病なんてものは、
もっとなくなるのにね。

 

あなたは、どう思う?

 

p.s.
ちょっとした発想の転換や視点の変化が、
どれだけ心と身体に影響を与えるのか。

 

その少しの違いが刺激となって、
どれだけ瞬間的な反応を引き起こし、
いかに現実へと反映されるのか。

 

月末にやるセミナーでは、
それを実際に体感してもらいつつ、
すぐに日常に活かせる方法まで、
具体的にお伝えする予定。

 

知っているか、知らないか。

 

ただそれだけで大きな差を生み出す、
シンプルながら破壊力抜群の知恵と技。

 

気になる人は、
こちらから今すぐお申込みを。

 

~ 人もお金も自然と集まる一生モノの幸せ成功体質へ ~
『身体から紐解くエネルギーの高め方&人生リノベーション』
http://hinata-hidetoshi.com/seminar/