【人生の縮図が渦巻く狂喜乱舞のヤバイ空間】


今週の日曜から火曜までの3日間、
神奈川の大磯で行われた、
合宿研修のアシスタントをやってきた。

 

この研修のアシスタントに入るのは、
実は今回でもう4回目。

 

自分が受講生として参加したのを含めると、
全部で5回も参加してる。

 

自分が受けたのは約2年半ほど前だから、
それから今まで、
2年半で5回も同じ研修に参加してる。

 

アシスタントで参加といっても、
交通費や宿泊費なんかはもちろん自腹。

 

僕は大阪から向かうから、
なんだかんだで毎回、
最低10万円くらいはかかる。

 

つまり、
過去4回のアシスタントに入るだけで、
軽く見積もっても40万はかかってる。

 

もちろんお金だけじゃなくて、
4~5日間という時間を、
そこに参加するためにかける。

 

じゃあなんで、
僕がそうまでして参加するかっていうと、
それは簡単で、

 

「人生を激変させるヒントや宝の源泉」

 

みたいな場だから。

 

世の中には、
いろんな勉強の仕方や、教材やセミナー、
ノウハウ、スキルとかっていっぱいある。

 

でも、この研修では、
そのどれでもないものが得られる。

 

というか、他の研修には絶対ない、
この研修だけでしか得られないものがある。

 

で、それは何かって言うと、
知識でもなく、考え方でもなく、

 

「体感と経験」

 

というもの。

 

今の社会って、
情報って有り余るほど溢れてるし、
ネットとかで簡単に手に入る。

 

だから、
「知ってること」とか
「分かってること」って、
山ほどある。

 

でも、
「知ってるけど日常ではできないこと」
とか、
「分かってるけど実際はやれてないこと」
って、ホントたくさんある。

 

ってかむしろ、
そういうものの方が多い。

 

で、僕がアシスタントという形で、
何度も参加してるこの研修はそういった、

 

「知ってるけど日常ではできないこと」
とか、
「わかってるけど実際はやれてないこと」
っていうのを、
自分自身でハッキリと体感し、
まずはそれを認め、受け入れる。

 

つまりは、
そういった状態に自分があるということを、
頭ではなく身体で経験し、自覚する。

 

そのうえで、
じゃあ実際できるようになって、
アクションしていくためには、
どうしたらいいのか?

 

そのためには、
いったい何が必要なのか?

 

もっと言えば、

 

・そもそもそれは何のためにやるのか?
・いったい誰のためにやるのか?
・なぜ、自分がそれをやりたいのか?

 

ということを、

自分の身をもって感情の動きまでを含めて体感し、
腑に落としていく。

 

その経験を通して、
知っている、分かっているではなく、
実際にやるという形にまで反映させていき、
日常に活かせるようになることで
現実が動いていく。

 

そういったことが、
この研修で得られるモノ。

 

ハッキリ言って、
いくら知識や技術を詰め込んでも、
頭でっかちで身動き取れなくなるだけ。

 

そういったものも確かに必要だけど、
そこに感情を伴った体感や経験がない限りは、
実際のアクションに反映させることはできないし、
現実も人生も変わらない。

 

この研修にアシスタントで入るたびに、
それを身をもって感じさせられる。

 

ここに参加する人は、
自分の人生をかけて全国から集まる。

 

本気で今までの自分を変えようと、
覚悟と決意をもって、
この場所にやってくる。

 

誰一人、ふざけた人はいない。
みんな、本気で真剣。

 

ここでは、参加している人達が、
次々と自分の殻をぶち壊していく。

 

それぞれが自分の限界を突破しながら、
目の前で劇的に変わっていく姿に、
こちらもあり得ないくらいの刺激を受けたり、
それが自分にとって、
超重要な気付きだったりするわけで。

 

そこで起こることをよく視て、
そこで交わされる言葉に耳を傾け、
そこで繰り広げられることを身体で感じる。

 

今までの自分を変えようと、
本気で限界に立ち向かう参加者と繋がり、
アシスタントである僕自身もまた、
自分の限界を突破していく。

 

そこにいる人全員が、
会場全体が、空間が一体となって、
新しい自分に出会おうと、
あり得ないくらいのエネルギーを放ち、
パワーと輝きを増していく。

 

その瞬間とか、
その場とかを目の当たりにすると
ホントに身も心も震えてきて。

 

何度も泣きそうになったし、
実際に泣いたりもしたしw

 

同じ場にいてそれを共有できることに、
毎度毎度、感謝の念が溢れてくる。

 

人が変わっていく瞬間。
人が自分の殻をブチ破る瞬間。
人が秘められた力を解き放つ瞬間。

 

その時、当の本人は必死だし、
どんなだったか自分でも、
ハッキリと覚えていないかもしれない。

 

でも確実に、
自己を覚醒させるインパクトは起きてるし、
その瞬間から人生は大きく変わり始める。

 

そんな風にして、
自分で経験して、味わったことしか、
現実に反映させることはできないし、
誰かに伝えたり届けたりすることもできない。

 

「知ってても日常ではできていない」
「分かっていても実際にはやれていない」

 

もしかしたら、そういう人は、
そんな自分を責めたり、
そんな自分に嫌気がさしたり、
そんな自分を諦めたりしてしまうかもしれない。

 

でも、大丈夫。

 

人は誰でも、変わることができる。

 

その人が本当に変わろうとすれば、
いつからでも必ず、変われるんだと、
僕は自信をもって言える。

 

それは、これまでそういった人達を、
この場で何度も目にしてきたから。

 

だから、とにかく、大丈夫。

 

自分の現状をよく観察しよう。
そこから何が必要かを感じとろう。
そのうえで自分だけの対処を知っていこう。

 

「体感と経験」

 

を通して、自分の内側にある自分を見つめ、
純粋で愛に溢れた自分と出会うことができれば、
何も怖くはないし、大丈夫だから。

 

これまで積み重ねてきた、
ここで得られたすべての経験は、
僕の普段の施術にも、
実はかなり色濃く反映されている。

 

だから、いつも、

 

「大丈夫」

 

といいながら、相手をよく視る。

 

相手の言葉に耳を澄ませ、
相手の中から湧き上がる反応や表現を待ち、
ただひたすらそれを感じる。

 

いったん自我を横に置き、
ただ純粋に、愛をもって・・・。

 

あの場にいた、
すべての人から教えてもらった、
大切な気づきと経験を、
また次の誰かにつなげていこう。