【さっきまであった「不安」は感じません】


今日もせっせと引きこもり・・・

じゃなくて、施術。

 

今回は2回目に来た人がいて、

その人はものすごく感度の高い男性。

 

というのも、1回目の施術で、

身体に備わった感性が一気にスパーク。

 

本来の感覚が研ぎ澄まされ、

自分の中の状態を、

リアルタイムで細かく感知できるように。

 

そうなると、

なぜ調子が悪くなるかの理由も、

それが身体にどう表現されてくるかも、

自分でしっかり感知できる。

 

だから、

ヤバいと感じるものは身体に入れず、

何を選べばいいかに気を付ける。

 

例えば、

食べ物とか、運動とか、情報なんかは、

それに当たる。

 

それができるようになると、

外部から引き起こされる問題に関しては、

自分でコントロールできるし、

トラブルを未然に防ぎ、

被害を最小限に抑えることもできる。

 

そうすると、

ぶち当たる次の問題。

 

「自分の内側から引き起こされる問題は、

一体どうすればいいか?」

 

例えば、自分の中にある記憶とか、

どこかで刻まれてしまった不安な感情とか、

日常生活で揺さぶられるメンタル面とか、

そういったところか生まれる不調なんかが、

それに当たる。

 

今日のクライアントさんが、

まさにこのカベにぶつかっていた模様。

 

で、いろいろとお話ししながら、

それを自分で解消する方法も伝える。

 

本人ができる形にもっていく。

 

いつものことだけど、

僕はできるだけやりたくないし、

やらないほうがいいから。

 

僕がやればやる分だけ、

相手が自分で良くなるための気づきや、

きっかけを奪うことになるから。

 

そうなると、

日頃から本人自身でケアすることができないし、

また僕を頼るというループになる。

 

中にはそうして欲しいと思っていたり、

その方がラクだという人が、

施術側とクライアント側の両方で、

お互いにいるのも事実。

 

それはそれで、

その人の考え方だから、

別にどっちでもいいけど。

 

といってもまぁ、

ここ最近はほぼそういう人は、

寄って来なくなったかなぁ。

 

話がそれたけど、

今日来たクライアントさんの中にあった、

不安と強迫観念を引き起こす種は、

消えたみたいで。

 

「来た時にあった不安は、特に感じません。」

 

とのこと。

 

来たときにはちょっと考えるだけで、

身体が締め付けられて重たくなるような、

悪影響を出していた不安感や恐怖心。

 

終わった後は、

それを思い出そうとしても出てこないし、

感じない状態に。

 

やったことは、

単純なことだしほんの数分だけど。

 

でも、言葉にするのは、

なかなかうまく当てはまらない。

 

本人も、

 

「1回目の時のはまだ家族に伝えられたけど、

今日のやつはなかなか難しそうです。」

 

って言ってたし。

 

身体を動かすならまだしも、

そういうことも一切ないから、

なかなか表現しにくいね。

 

まぁ、

たとえ本人が誰かに伝えられなくても、

それでもまずは、

自分で出来ればオッケー。

 

今日のところはいったんこれで、

めでたしめでたし。

 

p.s.

自分の状態を良くしたい人、

感情やメンタルに振り回されない自分が欲しい人は、

コチラからどうぞ。

 

~ 身体と心の“セルフ・チューニング”講座 ~

http://hinata-hidetoshi.com/seminar/self-tuning/

(キャンセルが出たので1名だけ再募集)

 

『セルフ・エンライトメント・テクニック』入門講座

http://hinata-hidetoshi.com/semin…/self-enlightenment-osaka/

(こちらも同様にキャンセル出たため残席1名)