【ぶっちゃけ・・・】


 

前回の記事で伝えた、

僕の新しいチャレンジについて。

 

読んでくれた人から、

感想をもらったりとか。

 

 

フォームにも続々と登録があって、

その反応を感じたりして。

 

ただ、

 

「ド素人でも国家資格保持者レベルに変身」

 

というのは、なんとなく分かったけど。

 

 

「国家資格保持者以上、

ゴッドハンド未満のセラピスト」

 

という部分について、

ちょっとイメージしづらいというか、

分かりにくいと感じる部分もあったようで。

 

 

今日はそこについての補足を、

ちょっと伝えたいなと。

 

ただ、結構長くなりそうなので。

 

 

書いてみて長いと思ったら、

2回くらいに分けようかと考え中。

 

とにかくまぁ、そもそもなんで僕が、

こんなことをしたいと思ったか。

 

 

それは、

今、世の中に一番求められているのは、

 

“ただ免許をもっただけで素人同然の、

そこらじゅうにいる国家資格者でもなく。

逆に、世の中のTOP5%に入る凄腕で、

メディアにも取り上げられるような、

ゴッドハンドのセラピストでもない。“

 

と感じているから。

 

 

これは僕の偏見で、

あくまでも僕の意見やけど。

 

まず、中途半端に国家資格を持って、

保険診療に守られている資格保持者の方が、

色々ヤバかったりする。

 

 

なぜかというと保険診療は、

 

「どんな結果が出るかではなくて、

何をするかでもらえる価格が決まる」

 

というシステムだから。

 

 

極論を言うと、

 

「良くなってもならなくても、

電気を当てればいくら。

20分間揉んだらいくら。」

 

という単価がつくシステム。

 

 

そこに、

 

「症状がどうなったか」

「変わったか?良くなったか?」

 

ということは反映されない。

 

 

誰に対して、何をしたか。

 

これが保険診療でクライアントから、

実際にもらえるお金を左右するすべて。

 

 

ということは、言い方を変えると、

 

「免許を持っていれば腕がなくても、

保険診療でお店を開けてお金をもらえる」

 

ということ。

 

 

もちろん僕の知っている人には、

保険診療という制度の中で。

 

最大限に質の良いサービスを提供している、

資格保持者もたくさんいるし。

 

 

ちゃんとした腕や知識を備えたうえで、

いい仕事をしている人はもちろんいて。

 

みんながみんな、

保険診療というシステムや制度の上に、

あぐらをかいているとか、

そういうことじゃないから。

 

 

ただ、保健制度というシステムの特性上。

 

それを冷静に見てみたとして。

 

 

「免許を持っていれば腕がなくても、

保険診療でお店を開けてお金をもらえる」

 

ことがまかり通るという、

その事実は否定できないということ。

 

 

一昔前の時代は、

今ほどお店の数も多くなかった分、

繁盛していただろうし。

 

保険制度の中で、

大儲けしている人もたくさんいた様子。

 

 

こういうことを言うと、

 

「じゃあ日向さんも、

そうやってきたんでしょ?」

 

って思われるかもしれないけど。

 

 

僕が理学療法士になった時は、

そんな時代がちょうど終わった頃で。

 

そのうえ、残念ながら僕は、

それができない立場だったし。

 

 

その理由は、

 

「理学療法士の免許には、

保険診療での開業権がない」

 

から。

 

 

僕が持つ「理学療法士」という国家資格は、

ちょっと変わっていて。

 

病院や施設の中でリハビリの専門家として、

その名前を使って働く場合は、

患者さんから保険診療でお金も請求できる。

 

 

でも、そこから一歩外に出て、

自分でお店を開いた場合。

 

保険診療を使って、

患者さんからお金をもらうことはできない、

という国家資格なんだな。

 

 

なので、柔道整復師さんや鍼灸師さん、

あんま・マッサージ師さんのように、

保険診療を使って開業できる職種と違って。

 

自分でお店を開くとしたら、

保険を使わず実費で相手からお金をもらう、

という形でしか開業できないわけ。

 

 

そうなると必然的に、

 

「保険診療を使うことで相手側にとって、

負担額を抑えるという制度は使えない」

 

「その分、明らかに費用が高くなるため、

相手が満足感や結果を感じられないと、

お金はもらえないし2回目もない」

 

という状況になることは、

あなたも想像できるはず・・・。

 

 

例えると、美容室やエステと同じ。

 

仕上がりに満足できなかったり、

対応が悪いと感じたら、

もうそこにはいかないでしょ?

 

 

保険診療が使えないという状況の中、

相手に選ばれる自分を創り上げ、

効果や体感を相手に届けられない限り、

お金はもらえずご飯も食べられない。

 

だから、人間性を高める、

知識を補充する、腕を磨くってことを、

ずっとやらないといけなくなる。

 

 

そうやって、僕の場合は、

独立・開業から今までなんとか、

ギリギリ生きてきたわけで。

 

もちろん最初は苦労したし、

今もずっと試行錯誤ばかりだけど。

 

 

その分、いろんなことが視えた。

それが、

 

「特別な知識や資格がない人でも、

資格保持者以上のレベルになる道筋」

 

ってやつ。

 

 

僕も一応、「理学療法士」の免許を持つ、

国家資格保持者。

 

だから、

資格取得を目指すための養成校や、

医療現場における専門職の内情なんかは、

自分の経験を通してなんとなく分かる。

 

 

で、資格保持者側にも様々な事情があり、

つらい位置に立たされている人も多い。

 

だから、

資格保持者を否定したいわけではなくて。

 

 

でも、保険診療というシステムがある以上、

そこにある矛盾や闇も存在するので。

 

その縛りやルールから外に出ないと、

自由にできないことも山ほどある。

 

 

 

だからこそ、

 

「ド素人でも国家資格保持者レベルに変身」

 

というコンセプトのもと。

 

「特別な知識や資格がない人でも、

資格保持者以上のレベルになる道筋」

 

というものを、

国家資格保持者という立場から、

あえて示せたらいいなと。

 

 

だからもし、あなたが、

 

・自分と家族を自宅でケア出来るようになりたい!

・誰かを癒し、喜ばせる技術を手に入れたい!

・人を癒す仕事で、自分も役立ちたい!

・お金をもらえるだけの腕と自信をつけたい!

・自宅サロンで、一人でも稼いでいきたい!

 

という気持ちをもっていれば。

 

 

特別な資格も、

難しい知識も持っていなくても。

 

身体のことについてド素人であっても。

 

 

・相手に効果を感じてもらい、喜んでもらえる

・まったくの素人でも、国家資格者にひけをとらない

・力も体力も要らない

・特殊な道具も環境も必要ない

・いつでもどこでも誰でも始められる

・仕事として、自信をもってお金を頂く

 

っていうようなことを、

伝えられる機会を作りたいなと。

 

 

それがきっかけとなって、

お母さんが子供の身体を、

優しくカンタンにケアできれば。

 

子供の怪我を防ぐのはもちろん、

スキンシップやコミュニケーションも、

同時にできたり。

 

 

それは、子供の状態を知り、

子供との関係性を深めることはもちろん。

 

自分も含めた家族の健康を、

あなたがケアすることが可能になる。

 

 

そこからさらに発展すれば・・・。

 

 

自分の心と身体の状態を良くしながら、

初心者からでも月4~5日、

数時間だけ働いて。

 

週末セラピストで人の役に立ちながら、

喜ばれて毎月5~10万円稼げる。

 

 

なんてことに繋がれば、

健康、人間関係、収入という面でみても、

良い循環が起きるんじゃないかと。

 

なので、この話に興味があるという人は、

こちらのフォームから無料登録を、

済ませておいてください。

 

 

携帯アドレスの場合、

登録後の返信メールが、

届かないことが多いみたいで。

 

PCアドレスでの登録がおススメ。

 

 

「ド素人でも国家資格保持者レベルに変身」

誰でもヒーラープロジェクト案内希望フォーム

 

https://form.os7.biz/f/c5586227/

 

近日中に専用グループへの案内と、

詳細を送ります。

 

 

 

p.s.

っとまぁ、予想通り、

やっぱり長くなってしまって。

 

「国家資格保持者以上、

ゴッドハンド未満のセラピスト」

 

の、“ゴッドハンド未満”っていう意味まで、

辿り着かなかった・・・w

 

 

ホントはまだ、

続きがあったんだけど・・・。

 

それはまた、次回にしよう。