【重要な場面でトップパフォーマンスを発揮する秘訣】


つい最近、

ブログをチェックして頂いている方から、

いくつかのご質問を頂いているので、

その中から一つを選んでお答えしていこうかと思います。

 

では早速、質問をご紹介。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前ご紹介いただいた、

「ゆるめる」ことについてのお話、

非常に参考になりました!

ありがとうございます。

 

ところで、

「緩める」の反対に

「緊張」という概念があると思うのですが、

例えば試験や試合など、

重要な場面で身体は自然と緊張状態にあると思います。

 

日向さんは、

アスリートの方も治療なさっていると思うのですが、

重要な場面でトップパフォーマンスを発揮するには、

緩んだ状態の方がパフォーマンスはあがるのでしょうか?

 

日向さんのお考えをお聞きしたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

というご質問です。ありがとうございます。

 

※そのときの記事はコチラ。

・【物事がうまくいく人の秘密がついに暴露!その答えは・・・(Prat1)】

https://hinata-hidetoshi.com/blog/2016/08/17/topics-2/

 

・【物事がうまくいく人の秘密がついに暴露!その答えは・・・(Prat2)】

https://hinata-hidetoshi.com/blog/2016/08/18/topics-2-2/

 

 

まず最初に、

大前提として知っておいてほしいことは、

私たちの身体はこの地球上に存在して生きている限り、

完全に緊張を解くことはできないということ。

 

というのも、

地球上にはまず重力があるので、

その中である姿勢を保とうとか、

何かをするために動こうとする限り、

必ず最低限の緊張が必要だということ。

 

ちょっと思い出して欲しいんですけど、

泥酔した人って見たことあります?

 

もう意識もないし完全に弛緩した状態ですよね。

(僕も昔はそんな経験も・・・w)

 

で、その泥酔した人をかついだりとか、

地面から立たせたりとか、運んだりとか、

そういう経験がある人は分かると思うんですけど、

なんだこれってビビるくらい重いですよね?

 

あれって、

もう緊張ゼロって感じじゃないですか?

 

あの身体の状態だと、

例え酔ってなかったとしても、

とてもじゃないけど動けそうにないですよね?

 

だから、僕たちの身体っていうのは、

ある程度は緊張を保ってないといけないわけです。

 

これがまず最低限のルール。

で、そのうえでどういう状態がいいのかって、

考えていく必要がある。

 

僕が以前にお伝えした「緩む」っていうのは、

この最低限の緊張だけを残した状態で、

それ以外には余計な緊張を入れていない状態

ってことになります。

 

車で例えると、

「静かなアイドリング状態」

とでも言えるかもしれないですね!

 

エンジンはかかっているんだけど、

ムリにふかしているわけでもない。

 

いつでも、動くこともできるし、

かといって無駄なガソリンの消費は、

最低限で済ませている。

 

そんな感じかもしれないですね。

 

これがもし、

完全にエンジンがストップしていると、

いざすぐに動かないといけない場面でも、

なかなか発信が遅れてしまう。

 

かと言って、

止まっている時に空ぶかしでもして、

ガソリンを余計に消費していると、

いざ動こうというときに、

肝心のガソリンがなくなってしまったり、

下手するとバッテリーが上がって動かない。

 

そんなことにもなってしまいます。

 

 

何が言いたいかというと、

いつでも発進できて、

かつニュートラルでいられる、

そんな最低の緊張状態を持ったうえで、

それ以外はムダな消費をしないように緩んでいる。

 

この状態が、

もっともパフォーマンスを発揮できる、

理想的な状態じゃないかと思います。

 

緩み過ぎれば動きは遅れ、

動きやリズムにメリハリがなくなる。

 

緊張が高すぎても動きは遅れ、

また流れやリズムが出せなくなってしまう。

 

このどちらでもない状態。

つまり、

 

「必要最小限の緊張を保ったうえで、

それ以外のムダな緊張がなく緩んでいる」

 

という状態が、

重要な場面でトップパフォーマンスを発揮する、

秘訣なのかなとも思います。

 

普段から、

こういう良い精神状態や、

肉体の状態でいられる人は、

自分の持っている力やパフォーマンスを、

最大限に発揮しやすいのではないかと思います。

 

そのためにも、

以前にお伝えした内容をもう一度再確認して、

日頃の生活の中に取り入れて頂ければと思います。

 

知ってしまえばやることはとても簡単でシンプルなので、

ぜひ日頃の生活の中に取り入れて、

仕事や人間関係など、

モノゴトがすべて上手く回っていくような

「ゆるゆる」

の頭と身体を手に入れてくださいね!

 

 

今日お答えした以外にも、

いくつか質問を頂いているので、

またタイミングをみて、

頂いた質問に答えていきたいと思います。

 

ご質問も引き続き受け付けているので、

いつでもご遠慮なくどうぞ!

 

 

※以前の記事はコチラ。

・【物事がうまくいく人の秘密がついに暴露!その答えは・・・(Prat1)】

https://hinata-hidetoshi.com/blog/2016/08/17/topics-2/

 

・【物事がうまくいく人の秘密がついに暴露!その答えは・・・(Prat2)】

https://hinata-hidetoshi.com/blog/2016/08/18/topics-2-2/