【施術家じゃない、裏方としての一日】


昨日から、1000人越えのトークライブのスタッフで、東京へ。

 

はじめて降りた「青砥」という駅。
昨年から、初めての場所が急激に増えている。

それだけ、今までの自分とは違う生活を送り、
今までにない経験を得るために、
行動しているんだろう。

 

何日も家を空けることが珍しくなくなり、
約1年前を振り返ってみると、
自分のライフスタイルの変化に驚くばかり。

 

昨日の裏方業務も、本当に大変だった。
スタッフだけで3、40人はいたのかな?

 

ギリギリまで準備に追われ、
開催真っ最中にハードル高めのミッションが増え、
直前までやることづくし!!

 

そんな無理のあるように感じる状況でも、
全員が本気でやると、なんとかなるものだ。

 

すべてがうまくいったのかといえば、
そうじゃないかもしれない。

 

でも、同じ目標に向かってそれぞれが持てる力を発揮し、
一つの結果を創り上げるという達成感は、
一度味わってしまうとかなりの中毒になる。

また、そんな人たちと何か創り上げたいという、
抑えられない欲求が顔を出す。

 

解放感から、打ち上げではかなりの泥酔者続出。
これぞ宴という感じ♪

 

僕も久しぶりに、
白衣を着てリハビリの先生してたころを思い出すくらい、
歩けない人を深夜にマジで介助したりして・・・(笑)

 

こういう人達や環境に関わっていると、
一人一人の持つパワーや、
自分の持つパワーを改めて実感できる。

 

みんなが、自分が持っている、
高いエネルギーと圧倒的なパワー。

 

それと同時に、改めて気づく。
つい小さく収まりがちになる、
自分の弱さや怠け癖に・・・。

 

本気でやっている人たちのそばにいるからこそ、
そこでの行動を見て感じることができ、
弱い自分と力強い自分の両方を認識する。

 

そこで響く声。
自分が自分に問いを出す。

 

「まだ・・・だよね?」

 

答えは自分で分かっている。
どんどんシンプルになっている。
負けられない自分がいる。

 

備わった力を活かすも殺すも、
自分次第。

このままじゃ終われないな~。