公開終了まで 残り
00日00時間00分00秒

『セルフイメージ革命』


理想の自分と未来を手に入れる
自己変革プログラム

~ 理・想・転・生 ~

決別と再誕の先にある理想の自分と

未来の繁栄を手に入れる極意


ここでのコンセプトは、ずばり、『生まれ変わり』です。

今世のあなたの人生の中で、すべてを自分の意志で選択し、

自由自在に生まれ変わることのできる人間になること。


そして、その【極意】を習得し、

あなたが関わる人たちや環境を自動的に“変身”させてしまうような、

【内側からにじみ出る魅力と影響力】


を持つ人間になる方法について伝授していきます。


そもそもなぜ、生きづらさというものが生まれてしまうのでしょうか?

人は誰でも、自分自身に対して、

「これこそが“私”という人間だ」

と考える『セルフイメージ』を持っています。


人は、自分が自分に対して想い抱く

『セルフイメージ』


というものに、無意識レベルで完全に支配されて生きています。


「これは自分にとってふさわしい」

「これは自分には合わないだろう」

「これは自分が求めているものだ」




セルフイメージというものは、人の心のプログラムの最深部、

無意識レベルで決定される【信念体系】の判断を強固に支配します。

あなたが現実の中で、日常生活の中で受け取る

【境遇】を、あなた自身で選び取っています。


人間という存在は、自分が心の中の世界に想い描き、

情報空間上に存在させている、

『セルフイメージ』という【データ上の身体】


によって、

”この世界の中で自分がどういう存在であるのか?”


を自然と決めています。


ここで、一つ重要な問題になってくることは、

“その『セルフイメージ』を決めたのはいったい誰なのか?”


ということ。


あなたが、

『これこそが私だ』『これが自分にふさわしい』

(無意識のうちに)考えている『セルフイメージ』と呼ばれるもの。


その成り立ちを改めて考えてみると、

ほとんど多くの人に当てはまるものとして、

“これは私自身が自分の意志で選んだものではない”


という重要な事実に気づきます。


そうなんです。多くの人にとって『セルフイメージ』とは、

過去に接してきた人たちや出来事、環境によって、

『受身的に』『自分の意志に関係なく』

いつの間にか形成されたものに過ぎない、ということ。


あなたは自分の意志で、自分に与えられた

【選択の自由】によって得られた結果として、

『私が何者であるか?』

を決めているのではないということ。


たまたまいた環境、そこでの出来事、そこでの人たちとのやりとりなど、

どこの誰ともわからない他人からもたらされた情報によって。

無意識レベルで、あなた自身の『セルフイメージ』

固定されてしまっているのだということ。


これは、あなたという存在にとって大きな自由の損失であり、

もっと極端に言えば“不幸”なこと。

これまでの人生、自分で決めたものじゃない他人の意志によって、

人生の境遇を振り回されてきたということであり、

多くの人を悩ませている『生きづらさ』というものの原因はここにあります。


あなたはいつまで眠らされているのか?

あなたの輝きは封じ込められているんです!

あなたの存在は抑制されているんです!そこに気づいてください!

あなたが本来持っている力はそんなものじゃないし、

あなたが持つ人生の可能性は無限に広がっている。


クライアントさんと接するたびに、いつも僕はそう感じているものの・・・。

関わる多くの人は、その『越えられない壁』にぶつかり、

そこで自らの可能性を自分で閉ざしてしまいます。


でも、それを乗り越えることができたら?

そんな人たちが、もっと増えていったら?

そう考えると、今の多くの人たちにとって、

『生まれ変わる』ことの必要性があるのではと感じています。


過去の自分と決別し、無駄なものは壊し、

もう必要のない余計なものを手放して生まれ変わる。

そのたびに、あなたの中にある輝きは無限に増していく。


あなたが描く理想の未来を手に入れ、

人生における未知の可能性を広げることができる。

そういうメッセージを込めて、

今回のネーミングを【理想転生】としています。


セルフイメージが創られるメカニズム



『セルフイメージ』は、その人の生き方そのものを支配します。

そして多くの場合、それは本人の意志を反映させて創られるものではない、

という問題があります。


一般的に、ある人が自分に持っている『セルフイメージ』は、

その人が人生で経験してきたことが基盤になっています。

もっと具体的に言えば、

それまでの人生で関わってきた人や物事からインプットされた、

【情報】によって形成されています。


幼いときに、“両親や周りの大人たち”によって刷り込まれた情報。

その人が暮らしてきた“環境”からインプットされた情報。

学校の先生、友達との“会話”や、

職場の同僚、上司などから言われたこと、かけられた“言葉”など。


生きていくうえで、世間を知っていく中で身につけた、

『常識』『社会通念』と呼ばれるもの。

そういった他人の意志によって、

さまざまな角度か刷り込まれ刻まれた【情報】の集大成として、

今のあなたの『セルフイメージ』はできています。


こう聞くと、

”なんだ、他人に刷り込まれたものだったんだ!”

”じゃあ、自分で新しく作り変えてしまえばいいや!”



と、そんなふうに思うかもしれませんが・・・。


ただ残念ながら、実際の話をしてしまうと、

他人の意志によって刷り込まれた情報を書き換えること。

そして、無意識に築かれた『セルフイメージ』を変えることは、

多くの人にとってかなり難しい問題です。


知識として知っていても、頭では分かっていても、

なかなか変えることはできません。

だから、多くの人がその呪縛を受け、

支配され続けたままで生きているんです。


そこには【情報場】として強力な

「ホメオスタシス:恒常性」


が働いています。


ホメオスタシスというのは、私たちの生命維持にも働く作用で、

【潜在意識の現状維持メカニズム】

にも深く関わってくるもの。


僕らの生きるこの宇宙を支配している、

一つの大きな法則と言っていいモノです。

カンタンに言うと、一度形成された情報や状態は、

できるだけそのままに近い形や範囲内にとどまろうとする性質を持ち、

自然と「維持」・「継続」されるという法則です。


過去に形成された『セルフイメージ』にもそれは当てはまり、

それがその人の人生にとって望ましいものであっても、

逆にそうではないものだったとしても・・・。

そのままでいようとする、変化しないように維持される方向に、

エネルギーが作用するということです。


だから、“変わりたい”と願う人が多くても、

“変わることができない”まま、

やがて自分で諦めてしまう人がほとんどなんです。

あなたが新しい自分への『生まれ変わり』を心から望むなら、

このハードルをどうにかしてクリアする必要があります。


もっとも重要となるカギは『和解』



今回お伝えする【理想転生】は、死んで生まれ変わるというのではなく。

今世で生きながらにして、

自分自身を生まれ変わらせる極意というものになります。


これを再現可能なメソッドとして形にし、

体系化したプログラムとして提供することを考えたとき。

最大の焦点として直感的に浮かんだのは、

まずはじめのステップである、『あなた自身との和解』というプロセスです。


これは、僕自身が【宿業の試練】と言っている、

人生における不調期、ふいに訪れる大きな困難、向かい風の時期、

というものを何度も乗り越えてきた経験をベースにして。

それを乗り越えるだけでなく、そのピンチと逆境をチャンスに

新たな自分として『生まれ変わり』を経験した

ことから生まれたメソッドです。


僕がこの【理想転生】の極意というものをメソッド化し、

一つのプログラムとして体系化していく中でつながってきたのが、

インド哲学で語られる世界の転生にまつわるプロセスです。

それは、“破壊”・“創造”・“維持”という流れであり、

これを人に当てはめた時に、

僕はそれを“決別”・“再誕”・“繁栄”と捉えています。


この『生まれ変わり』というものを、

再現性のある方法としてまとめていく過程で、

避けて通れないある問題があります。

これは、よくある自己変革法の穴や盲点であり、

見落とされている部分といえるものです。


それは、

あなたが『新しいセルフイメージ』を創るときに、

今までの『過去のセルフイメージ』とどう折り合いをつけるのか?


という部分です。


インド哲学において、

“【破壊】のない【創造】は、混乱である”

という言葉があります。


既存の自己変革法やコーチング・カウンセリングなどでは、

この部分を見落としているものがほとんど。

【破壊】せずに【創造】しようとすることで起きる、

『混乱』に呑まれてしまう、ということがよくあります。


人生の中で「生まれ変わり」「転生」と呼べるほどの、

内面からひっくり返るような変化を起こすためには、

必ず過去の『セルフイメージ』を“破壊”することが必要です。

ただしここで、“破壊”という言葉の持つイメージや、

その響きにもワナがあります。


過去の『セルフイメージ』に対して戦おうとしたり、

抵抗したり否定したりすることでは、

本当に必要とする“破壊”は起こりません。

“破壊”とは、暴力的でネガティブな過程ではなく、

『あなた自身との和解』によって起こるプロセスなのです。


自己の本質、本来の自分自身と融合する



僕が2011年の8月を境に人生がガラッと変わり、

新しい歯車が動き出した実体験。

そういった、【宿業の試練】によって得られた、

最も価値ある経験と人生における最大の学び。


これらは、スピリチュアル的な言葉を借りれば、

“降参(サレンダー)”というものであり。

もっとわかりやすい言葉にすれば、

“お手上げする”というプロセスの理解だと言えます。


今の時代を生きる僕たちにとっても、

『生きるうえでの裏ワザ的攻略法』


と呼んでもおかしくないレベルの【極意】だと、個人的に思っています。


この一連の流れを僕の中では、

過去の自分との“決別”と認識しています。

ちなみに“決別”とは、礼儀正しく出発する行為であり、

別れの言葉を告げて立ち去ること、という意味があります。


いつの間にか脳内に刷り込まれてしまった、

これまでの過去の自分という『セルフイメージ』に対して。

この先の未来でもう必要のないものは手放し、

清々しくキレイに“決別”することが必要です。


この、降参(サレンダー)= お手上げ”のプロセスを

なぞることによって。

過去の自分のセルフイメージを壊し、

必要のないものをスッと手放し、それらと”決別”して。


始まりのポイントである【ゼロの境地】へと還る。

そしてまた、新たな創造のステージに立つことで、

【セルフイメージ】を創りかえることができ、

新しいあなたの誕生へと繋がるわけです。


あなた専用の【守り神】を産み出し
身にまとう秘術



【理想転生】
では、『自己の本質との融合』をはかった後に、

あなた専用と言える【守り神】のイメージを創造して。

それを自分の身に降臨(インストール)させ、身にまとう、

という流れが続きます。


まず最初に、過去の【セルフイメージ】

つまり今の自分という存在を定義しているものをありのままに見つめ、

その自分自身と和解し、自己の本質と融合すること。

それによって、現状を維持し続けようとする

ホメオスタシスが一旦リセットされ、

新たな『セルフイメージ』を創り出す【土台】が整います。


これが、“破壊”・“決別”の段階にあたります。

その後、あなた自身の意志による【選択】を反映させ、

生まれ変わった新しい自分、なりたい自分、理想の自分という、

未来に向けた『セルフイメージ』を明確化していきます。


これが、“創造”・“再誕”の段階にあたります。

ここで中途半端な『セルフイメージ』をつくってしまうと、

せっかくリセットされたホメオスタシスが発動し、

壊して別れて手放した過去の自分へと引きずり戻されてしまいます。


なので、【理想転生】の過程では、そこで徹底的に、

『なりたい自分』

『理想の自分』

『生まれ変わった新しい自分』

とは何かを探求して、自分だけの【守り神】を創り上げます。


【守り神】というのは比喩的な表現で、

つまりは心の中に想い描くだけで力が湧いてくるような・・・。

強力な“快楽や喜び”という吸引力を持った、

『理想の自分を映すセルフイメージ』だと考えてください。


理想の『セルフイメージ』【守り神】のイメージができれば、

あとはそれを自分自身に降臨(インストール)させ、身にまとうだけ。

ただ、実はここでもたくさんの【落とし穴】があります。


『なりたい自分』

『理想の自分』

『生まれ変わった新しい自分』

のイメージをつくっても、

それをしっかりと自分にインストールできない人が多く、

この部分にもたくさんのコツやポイントがあります。


決別・再誕・繁栄のエッセンスを習得



この3つのプロセスが、【理想転生】における核(コア)になります。

今回はこのプロセスに沿った自己変革、

つまり『生まれ変わり』をあなた自身でも実際に経験してもらうことで、

その方法や技術を習得してもらいます。


この、“自分のものにする”といいうのが最大のポイントです。

一度あなたがこのメソッドを身につけると、

それ以降は人生で事あるごとに何度でも応用できます。


中でも効果を発揮するのは、人生の中でたびたび起きる不調期、

【宿業の試練】が訪れた時だと言えるでしょう。

【宿業】とは、過去(過去世を含む)のあなたの行為によって、

縁起上(潜在意識)にまかれた種のようなもの。


ちなみに、仏教思想で「縁起」とは、物事が起こる原因を指すもので、

縁によって起こること。

どんな出来事も、めぐりめぐって起こっているもので、

単体で存在することではなく、すべてに原因があり、結果があり、

そんな「縁起」が永遠に繰り返されるという考え方です。


つまり、人生における【宿業の試練】というのは、

生きていく中でたびたびやってくる、

不可抗力的なマイナスサイクルの時期にあたります。

この対処法を知らないと、とても苦しむことになります。


人は経験から学ぶことで強くなれる



人間、生きていればいろいろなことが起こるし、

思いもよらないようなことだって経験します。

人生で起こることの一つひとつに対して、

事細かくその『意味』を考えるのはどうかと思いますが・・・。


ただ、自分の人生で出会う人や、出来事や、経験を、

『自分の人生をよりよく変えていくための気づきやきっかけ』


だと考えて、日頃から意識して過ごすことは、

実際にとても有意義で建設的な思考だと思います。


僕がこの世界を生きていく上で、

“希望”と“無限の可能性”を感じることの一つとして。

人類はそれぞれ、自分一人だけで人生を歩んでいるワケではない、

という事実です。


人は、自分の身に起こったこと、

自身が経験したことだけからしか学べないわけではなく。

先駆者たちが学んだことや情報を手がかりにして、

他人の経験を自分事として学びに変え、

より小さな行動で『幸せ』を実現できる、ということ。


それが僕には、大きな“希望”と“無限の可能性”に思えます。

僕自身も大きな苦しみを経験しましたが、

そこで学んだこと、味わったこと、感じたこと、気づいたことが、

巡り巡ってどこかの誰かの役に立つんじゃないか?


僕にとって最初の【宿業の試練】を経験して以来、

そういう想いを念頭に置きながら行動を続け、

ふと気が付けば今のような人生や生き方に変わっていました。

この【理想転生】はそういう意味で、

僕がこれまでの人生で経験してきたこと、味わったことの中でも、

もっとも濃密で深い部分の学びを凝縮した【集大成】です。


そして、このプログラムで目指す“ゴール”は何か?

それは、ここまでお伝えした通り、

今世での『生まれ変わり』を実現するための3つのプロセス、


【決別(破壊)】

【再誕(創造)】

【繁栄(継続)】




のエッセンスを伝授し、自分のものとして身につけて頂くことです。


「決別(破壊)」の章



自分自身との和解、自己の本質との融合のプロセスを、

自分のものとすることによって。

人生でたびたび訪れる、

【宿業の試練】という浄化と清算の時期をどう生きればいいか、

その乗り超え方がわかります。


そもそもなぜ、【宿業の試練】というものが起こるのか?

これは、『過去にできた自分のセルフイメージ』に対して、

人生のステージをグイっと一次元あげるような、

大きな変化が起こる時に生まれる「摩擦熱」のようなもの。


潜在意識(『縁起』と言ってもいい)の中にある、

火種(宿業)に火がつき燃え広がる事象というイメージです。

『熱』『火』といった比喩表現の通り、

この時期はまるで自分の身体や存在そのものが焼かれるような、

精神的痛みや苦しみを経験しやすいです。


ですが、この『摩擦熱』は、

過去の自分がこれまでに生きてきたステージや世界から、

次の段階へと進むタイミングで。

自分の生きる“環境”と自分自身の“過去のセルフイメージ”の間で、

ズレが出ることで生まれる葛藤、不安、恐怖、否定、執着などによる

【摩擦】が原因となって起こります。


“あなたの人生”「あなた自身」に向けて、

『もうそろそろここを出て、次のステージに進むときだよ』


と言っているにもかかわらず。


それに対する「あなた自身」は、

昔に作られた『古い過去のセルフイメージ』にとらわれたまま、

『そんなのはイヤだ!自分はまだここで、こういう人間でいたいんだ!』


と抵抗し、ダダをこねている状態。


会社員からの独立・起業、結婚や離婚、家族との和解や決別、

今までとまったく違う分野への転職、海外への移住などのような、

大きな環境や状況の変化に対して向き合うとき。

パッと見では関係ないように見えるところで、

大きな火の手や煙が上がるかのごとく、

自分の生きる状況の大部分で困難な状況が訪れたり、

同じタイミングで自分や家族に健康上の問題が降りかかったり。


もっと注意深く観察していくと興味深いのは、

それが社会的状況や歴史の動き、国際政治的な動き、

経済の動向などとも連動していたりすることです。

ちなみに、僕の人生最大の【宿業の試練】が起きたのは、

ちょうど東日本大震災が起こった直後の時期からだったなと、

今さらながら振り返ると不思議でなりません。


とにかく、そういうメカニズムで起こる【宿業の試練】に対して、

多くの人は無力でなにもできなくなり、その対処法について知りません。

当時の僕は運が良かったのか悪かったのか、

何か不思議な力でも働いているのかと思うくらい、

畳みかけられるようにどん底へと落ちるような経験をして。


たまたまそのタイミングで、

“決別(破壊)”についての学びを経験したと思っていました。

でも、よくよく振り返ってみると、

その【宿業の試練】がやってくるタイミングで、

いろいろな書籍を読んで知識をつけようとしたり。


今までに接点のなかった新しい分野の勉強を始めたりと、

現状を見つめながら自分の未来や行く末を考え、

いろいろと思案しながら動き始めていた時期でした。

そういった、いろんな意味での『準備』ができていたから、

僕は【宿業の試練】で一気に立ちのぼった煙と火種を、

『過去のセルフイメージ』を焼き払う【清算の狼煙と浄化の炎】に変えて。


ピンチと逆境が渦巻く中で、

人生最大ともいえる「転生:生まれ変わり」を経験し、

それが大きなターニングポイントとなりました。

それを経験したことがきっかけで、

僕は医療業界から外に出るという意識を明確に持ち始め、

そのための動きへと徐々にフォーカスしていきました。


そして実際にそれが現実となり、日本全国で様々な活動を通して、

たくさんの人たちと関わりサポートしてきました。


「再誕(創造)」の章
「繁栄(継続)」の章



“破壊”のエッセンスを習得したら、

その次に待つのは“再誕(創造)”と“繁栄”(維持)です。

【宿業の試練】について対処法を知る“決別(破壊)”の章だけでも、

あなたの人生にかかるモヤや視界は、別次元的にクリアになります。


人生で何が起こっても、それに対する心構えができている。

必要のないものはいつでも壊して決別し、

そこからまた創り直せるという人間に変化するだけで、

あなたの『セルフイメージ』は劇的に生まれ変わります。


でも、せっかくならそこから、

『再誕(創造)の喜び』を味わえる新しい生き方へ、

一石二鳥でシフトしたいですよね?

実はこのプロセスを深堀りすると、

スピリチュアル的にいう『悟り』の段階にも関わっています。


壊し、決別し、手放し、お手上げして、

自分自身との和解ができ、自己の本質の理解が起こるのが、

第一の覚醒であり『悟り』の第一段階。

この段階に達するだけで、その人の中で相当の次元シフトが起こり、

世界の見え方も変わって『生きづらさ』がなくなるので、

この段階で快感を覚えて留まってしまう人も多いです。


でも、僕らが目指し、理想の未来で実現していくのは、

さらに先のステージです。

自分が存在している世界、今まさに生きている人生、

自分の宇宙を創造している者が自分だと気づくのが、第一段階。


それに気づいて、

そこから実際に自分の好きなように世界を創り始めるのが、

次へ進んだ先の第二段階。

第一段階にいる人は、まだ自分のエゴ(自我)に意識が向きやすく、

自分の喜びだけにフォーカスが向きがちになります。


そこから次の段階へ進むと、

その人の意識は徐々に徐々に外側へと向き始め。

自分が生きる世界や、そこに住む他の人たちの喜びにまで、

注意や認識が向くようになっていきます。


自分が生きている世界に共存して生きている、

自分以外の他者という存在に気づいて。

他者の宇宙と自分の宇宙が重なり合い、調和し、

共鳴させることで新たな世界の創造を始める、

というのが第二段階です。


スピリチュアル的な表現のように聞こえるかもしれませんが、

実際この段階に達した人は、とても『現実主義的な思考』になります。

それによって日常でのパフォーマンスが高まり、

それに合わせて社会的な影響力のステージも上がっていきます。


自分の行動によって、

自分の生きる世界や自分の宇宙に変化が起こるのが楽しくなり。

休むヒマもないくらいせっせと行動しているうちに、

お金も、人間関係も、その他の分野までもが、

『豊かさ』に囲まれた生き方になっている、ということが起こります。


この段階に達した人は、自分が行動する姿を周りに見せることで、

他の人たちが『第一段階』の覚醒に近づくことを間接的に助けます。

言葉で伝えて、というのではなく、

『実際の行動、姿、立ち振る舞いを見せて』

というところがポイントですね。


こうやって日常での「行い」が変わり、

人々が『悟り』へと辿り着くのを自然に助ける人たちのことを、

仏教では“菩薩(ぼさつ)”と言います。

そういう、“菩薩的な生き方の人間”に『生まれ変わる』ための、

効果的かつ再現性の高い方法が、

【理想転生】の中で伝授することのすべてです。


ここのプロセスに関連してくるのが、

“再誕(創造)”と“繁栄(継続)”の章になります。

まず、“再誕(創造)”の章で重要となるポイントは、

自分がどういう『セルフイメージ』を創造するのか?


について、あなた自身が正しく知ることです。


多くの人は、

“自分がどういう人間になりたいのか?”

“どういう人間になるべきなのか?”


について知らなかったり、

そもそも考えたことがなかったりもします。


だから、自己啓発の様々な方法を学んでも、

『自分が目指すべきではない“ゴール”』


を選び、それを創造してしまった結果・・・。

そこでまた自分を責めたり、苦しくなったり、

違和感が大きくなって途中で諦めてしまったりします。


そういったよくありがちなトラップも事前に理解しながら、

 “再誕(創造)”の章を終えたあとのあなたは、

『あなたらしさ』『理想の自分』


が調和し、適度にブレンドされた新しい自分に出会うことでしょう。


そして次の、“繁栄(継続)”の章へと繋がっていきます。

“再誕(創造)”の章で生み出した【守り神】を呼び出し、

インストールして身にまとう方法を伝授します。


あなただけの【守り神】を創り出すことだけでも、

『セルフイメージ』は書き換わっていくので。

それだけでも現実の世界は大きく変わり、

今までとは違う展開へと人生の流れも変わり始めます。


ですが、そこにさらなる『魔法』をかけます。

自分が生み出した【守り神】のセルフイメージを、

自分自身にインストールして身にまとうことによって。


“その『新しい自分』じゃないと違和感を感じてしまう”

“もう『過去のセルフイメージ』でいることが心地悪い”


という状態に変わります。


それまで行動できない自分だったという人は、

逆に常日頃から行動していないと気持ち悪いと感じるようになり。

周りを気にして自分を表現することを恐れていた人は、

言うべきことを言わないと気持ち悪い、という人間に変わる。


クライアントさんからお金を受け取ることに、

どうしてもブロックがあったという人は。

自分が仕事で提供したサービスの価値に見合う、

適切な対価や報酬をもらわないと気持ち悪い、と感じるようになる。


何かを経験し、その刺激を受けた時に、

•どう感じるか?

•どう考えるか?

•どう行動するか?


という、自動的な反応を引き出す根底にある、

【基本プログラム】の構成そのものが書き換わるため。


現時点のあなたからすれば、まるで別人のような自分。

それでいて、あなたが理想として描いていた、

『こういう私だったらいいのにな~・・・』


と思っていた、

望む未来を手に入れる『セルフイメージ』が実現します。


『理想転生』の先であなたが得られるものは?



ここまでを改めて整理してみると、

【“決別(破壊)”の章】では、

  • 新しい自分に生まれ変わり次のステージに進む方法
  • 運気、運勢、良縁を掴むための法則
  • 現実を楽しみ豊かに生きるための原理、原則
  • 知識に振り回されない自分になるポイント
  • 自分の中の淀みや汚れを祓い浄化する秘訣
  • 世界と自分と他人を自由自在にコントロールする方法
  • 自分以外の力も活かして良い流れにうまく乗るためのコツ
  • 頭で考えすぎるとうまくいかなくなる理由とその対処法
  • 自分の人生の法則性やパターンを知るための方法
  • 徳を積む、善行に励む、貢献することの本当の意味
  • 自分を認め、仲良くなり、委ね、和解し、手放す方法
  • 汚くてドロドロとした自分と向き合うためのマインドセット
  • ありのままの自分という認識の間違いに気づく必要性
  • 観念とお手上げの科学
  • 自我をじょうずに崩して新しくハイスペックに創り直す技術
  • 過去を書き変えるたった一つの方法
  • 心のワークだけでは自分を変えられないワケ
  • 心を整え浄化し、脳も思考もクリアになる一石二鳥のある行動
  • 心を汚し、淀みを作り、気分を重くし、運気を下げるものの正体
  • 日本人と外国人で大きく違う汚れや運気の整え方&上げ方
  • 日本人の精神性と日本ならではの抜け道をうまく活かす方法
  • 心の汚れをはらうための物理空間と情報空間への理解
  • まずやるべきなのは明確に○○し、身近な△△を祓うこと
  • 心の重りになっていることにケリをつけるコツ
  • あなたの状況を悪化させる目に見えないある振る舞い
  • 辛い事、痛い事に慣れるための誰でもできるシンプルな手順
  • 生まれ変わりのチャンスを思い通りにデザインする極意
  • 過去を書き変え、ツケを清算し、別人に生まれ変わる方法
  • サイヤ人式パワーアップと魂を磨き人生の可能性を高める秘訣
  • 怖いものなしで生きるための危機をチャンスに転換する秘術
  • 怖さの克服と選択の拡張における関係性
  • 菩薩のようなオーラを纏うために・・・
  • 魅力を開放するためのプロセス


などをお伝えしていきます。


次に続く【“再誕(創造)”の章】では、

  • なぜ、ゴール設定(創造)には破壊が不可欠なのか?
  • 再生、復活の計画と台本の作り方
  • 知的創造と物的創造
  • バーチャル空間革命と現実空間の関連
  • 瞑想の捉え方と考え方
  • 理性のコントロールトレーニング
  • RASと妄想の意図的かつ有効な使い方
  • 今の現実を作っている核(コア)とは?
  • セルフイメージの正体
  • 99.9%の人が自分の人生を歩めていないと言える理由
  • 自分探し、答え探しが必要なくなる技術
  • なぜ、自分探しが滑稽で無意味と言えるのか?
  • 自由、責任、証明
  • 言葉、行動、在り方
  • 言語化、行動化、習慣化
  • 「お金のブロック」を取り除くというおかしな矛盾
  • セルフイメージは○○の集合体
  • 在り方を変えるに欠かせないポイント
  • はじめに『言葉』ありき
  • ノートを使った自分の未来と人生創造法
  • 思考するだけでは現実化しない理由(現実化に絶対不可欠な要因)
  • 創造する時に大事なのはとりあえず○○を設定すること
  • 周りに流されない、運命に翻弄されない、人生の主導権を渡さない方法
  • 未来を創造するために必要なのは、ワクワク感よりも、まずコレが先だ!
  • 未来のセルフイメージを定着させるために有効なスキル
  • 「△△ × ■■ = 創造」という方程式を理解しよう!
  • エネルギーが低い状態になるのは、あれがボンヤリしているから?


などについてお伝えしていきます。


そして最後に、【“繁栄(継続)”の章】では、

  • ホメオスタシス(維持の力)の扱い方
  • 自分の中で葛藤や抵抗が生まれる理由
  • 思考の枠を超えて新しい創造を生み出すためのポイント
  • 前に進めない人の特徴と打開策
  • なんだか煮詰まってしまったと感じるときにやることはまずコレ!
  • ○○がない状態でいくら考えても失敗するだけ
  • 言葉以外に大事な3つの上級アファメーション
  • 言葉によるメッセージよりもはるかに強力なものとは?
  • より早く、確実に思考を現実化させ、願いをかなえる秘訣
  • 自分の魂自体を書き換えアップデートする方法
  • 他人の心の中にある自分という存在を書き換えるのが簡単な理由
  • 勇気のある自分が欲しい人が、勇気を持つために一番手っ取り早い裏技
  • 理想のセルフイメージを持っている人は、どんな習慣で生きているのか?
  • 妄想力を高めるタイムマシーンメソッド
  • 理想の誰かをモデルにし、自分のものとしてオリジナル化していく技術
  • つまらない自分を卒業する方法
  • 大事な場面にこそ現れるドリームキラーの本当の姿とその意味は?
  • ホメオスタシスを味方にする方法
  • 引き寄せの法則で忘れがちな、ある事実とは?
  • 最強の自分に変身するたった一つの真理
  • どんなピンチでもそれを楽しみ、自分を好きなまま幸せに生きる方法
  • なぜ、エネルギーが下がると運が悪くなるのか?
  • 自分の運気をマネジメントする方法
  • 運気を上げるために欠かせない3つの要因とは?
  • 理想のセルフイメージって、結局なんなのか?
  • 関わりたくない人を寄せ付けない結界を張る方法
  • どんな人でもエネルギーを無限に取り出せるエリアとは?


といったことについてお伝えしていきます。


~ 自・場・創・造 ~

覚醒し言霊エネルギーを自在に操り、
自分の世界を創造する技法



あなたは【理想転生】によって、

過去の自分を壊し、決別し、余計なものを手放し、お手上げして・・・。

新たな自分として再誕し、セルフイメージを創造し、

理想の自分と未来を確定させ、繁栄を手に入れる極意を知るでしょう。


ここまでのことができるだけでも、

あなたの今世において、これから先の人生において、

インパクト十分な価値ある資産になります。

ただ、もしあなたが、さらにその先をみたい、もっと成長し、

進化し、ステージを上げたいと、そう望むのだとしたら・・・。


この先にあるものを知ってもらい、もしあなたが求めるのなら、

ぜひ手にしてほしいと思っています。

それが何か、お伝えしていきます。


【理想転生】を駆使して、ピンチや逆境をうまく活かしながら、

新しい自分への生まれ変わりをはかる。

その経験を積み重ね、スキルを習得し、

人生で直面する困難を乗り越えられる力をあなた自身のものにする。


そして、あなたが思い描く理想のあなたとして、

新しい人生を歩むための土台を構築することができたのなら・・・。

次にやることは何か?


それは、

今世における霊格とステージの次元をあげていくこと。

そして、あなたが思い描く理想のあなたとして、

新しい人生を歩むための土台を構築すること。


それが【自場創造】でお伝えしていく内容であり、

ここでカギとなるのが、


♦覚醒

♦言霊

♦変革


という3つのテーマとなるため、

このあとそれぞれについてご説明していきます。


”覚醒”の章(自覚自演)
~ 自ら覚醒し、自ら描き、自ら演出する ~



ここでのテーマは『覚醒』であり、お伝えするのは、

“人生の主人公として目覚めるための覚醒法”


です。前編と後編に分けてお伝えしていきます。



<前編>

あなたは、『天上天下唯我独尊』という言葉を知っていますか?

2500年以上前にお釈迦さまが語ったとされる、

この言葉の意味について、

正確に理解できている人は今の世の中にほとんどいません。


この言葉が意味するのは、

『この世界の中で、我(あなた自身)こそが、

もっとも尊いものであり、我(あなた自身)以外に、

信仰するべきものなど存在しない』


ということ。


仏教にしても、世界中に存在する他のいかなる宗教にしても、

その創始者のメッセージというものは、

長い歴史の中で歪められて伝わっています。

ただ、それぞれの教えにある本質を突き詰めていくと、

歴史上で賢人・賢者と呼ばれた人たちの言っていることは、

ほぼほぼ共通しています。

それは、

『我(あなた自身)こそが人生の主人公だ』


ということです。


ただ残念なことに、

人生の中で生きているうちにこの境地にたどり着ける人、

本質に気づける人は、実際あまり多くありません。

自分の人生に目覚めることが、

本当の人生のスタートだと言えるのに・・・。


そのスタート地点に立つことすらできないまま、

なんとなく毎日を生きている人が多いのではないかと感じます。

だから、あなたにはここで『強制的』に目覚めてもらいます。


そして、人生の本質きちんと理解してもらったうえで、

人間だけに与えられた『理性』を機能させるための、

ベースを作っていきます。

つまり、オカルトとそうでないものを、

あなたの中で区別できるようになってもらいます。


人が道を誤ってしまうきっかけはなんだと思いますか?

それは、自分の中でしっかりと『道理』の通らないものを、

盲目的に信じてしまうこと、過信してしまうことから始まります。


信じていいものと信じてはならないもの、

その判断を『自分自身』でおこなわずに、

自分以外の誰かや何かにゆだねてしまったとき。

その人は、自分の人生の主導権を、

自分から放棄してしまうことになるんです。


そうやって、主導権を自ら手放してしまうことで、

人は運命や偶然、他人の意図などの『奴隷』となってしまう。

それは『誰のせい』でもなく、

自らが主導権を手放してしまう『自分自身のせい』なんです。


そうならないためにも、この【“覚醒”の章(自覚自演)】では、

人生というもののメカニズムや、

人が盲信してしまいやすいスピリチュアル的なものなど。

それらをすべて、明確に説明していきます。


内容】

天上天下唯我独尊

・お釈迦さまの言葉の本当の意味とは?

・あなたの『○○』こそがすべて など

『偶像崇拝』からの卒業

・“偶像”とは何か?そのメカニズム

・人の心が弱いのなぜ? など

さぁ、物語に目覚めよう!

・あなたの人生を決めているのはあなた(自我)だけではない

・主人公として目覚めるための前提知識をつけよう など

神とは何か?

・オカルトではなく理性と感性を 

・神の正体 など

宗教とのかかわり方

・宗教はなんのためのシステムなのか?

・今の宗教の在り方を創ったのは誰か?

・何を信じれば、あなたが強く在れるのか? など

スピリチュアル知識の整理

・霊、魂、悟りとは?

・占い、ヒーリングとは?

・オーラ、エネルギーとは?  

・セルフイメージ、潜在意識、直観とは?

・パラレルワールドとは?引き寄せとは? など

盲信ではなく信頼すべきものの存在

・『依存』とは?

・『依存』の気配を感じた時の対処法 など

身体と心と魂

・ヒトの身体は無数の生命体の集合

・どこからどこまでが『あなた』なのか? など

二元論は時代遅れ

・情報空間と物理空間

・「病は気から」は事実

・潜在意識は細胞に宿る

・意識とは自動反応の『プログラム』 など

インプットが人を創る

・少し未来のあなたは物質的に別の存在

・心も生まれ変わる

・インプットを変えれば病気は治る など

すべては縁によって起こる

・魂とは『○○○』

・『○○○』をデザインすれば運命も変わる

・デザインとは『○○○』のマネジメント など

エゴの壁を乗り越えよう

・エゴの壁が消え去る瞬間

・相手に喜ばれたら自分が癒され、感謝を集めればお金も集まる

・ステージが上がれば今の問題は消える など

あなたが望む生き方はどんな物語なのか?

・まずは『○○○』をデザインすること

・人生とは○○のストーリー

・未来は自由にデザイン可能 など

登場人物を描こう

・『運命の出会い』はどこにある?

・“誰と関わるか?”を戦略的に決める

・執着から解放されるために必要なこと など

場面をデザインしよう

・どんな環境でどういう経験をするのか

・今の状態で一生を終えても悔いはないか?

・物語の舞台は自由に選べる など

ストーリーを組み立てよう

・人生が俯瞰できるのはいつ?

・あなたの人生と未来は誰にも分からない

・どういうストーリーを生きたいのか? など




<後編>

自分が人生の主人公として目覚めること、

それは確かに重要なことです。

ただ、それだけではまだ、

スタートラインに立っただけに過ぎません。


これまでにお会いしてきた他の数々の飛び抜けた人たちも、

ただ単に“覚醒”しているだけでなく。

常に自己成長し、

絶え間なく『進化』し続けているところに特長があります。


ここで、“自己成長・進化”というものを、

エゴの観点だけでとらえてしまうと、

よくある自己啓発セミナーと同じになってしまいます。

では、ここでいう「成長・進化」が何かというと、

単に個人としての進化を指すのではなく、

その人が関わる他人やものごとなど。


その人が生きている、

『セカイを含めた進化』


という意味になります。


ものごとへの関わり方を変えることで、

自分自身の意識が変わり、セルフイメージが変わり、

それによってセカイに与える影響も変わり。

結果として自分がセカイから受け取るものが変わり、

それがまた自分の意識の変化・成長・進化につながる。


つまり、あなたを中心とした、

あなたの“セカイ”に『進化の循環』が生まれ。

そして、さらなる成長を促す『新陳代謝』が起こる、

ということです。


“循環”が生まれると、

すべては放っておいてもその方向に進むようになります。

努力していないのに、

意志の力を無理やり働かせているわけではないのに、

あなたが望むことがどんどん実現していって。


あなたにとって、居心地のいい『セカイ』が自動的に創造されていく。

しかもそれは「新陳代謝」を繰り返すことで、

古くて頭打ちの状態から新しい可能性が広がる状態へと、

常に入れ替わりが起き、自然と成長への流れに乗る。


僕が今、生きているのはそういう『セカイ』だということ。

もちろん、最初からそういう『セカイ』にいたわけではなく、

僕の人生における様々な経験や学びと生き方を通して、

そういう『セカイ』を創造し実現させてきたということです。


だからこれは、あなたにもできることであり、

この章ではではその秘密をお伝えしていきます。

これだけでも、あなたが今いる現実が、

昨日までのものからまったく別のものに変わっていく、

そんなきっかけを生み出すはずです。


内容

進化のための前提知識

・意志の力を過信してはいけない

・セルフイメージと引き寄せの原理

・すべては「○○」で決まる など

自我というプログラム

・○○からの刺激でプログラムが変わる

・意識のステージと現実的なステージ

・自分を変える=「◇◇」を変える など

あなたの中にある“当たり前”を変える

・そもそも人は怠け者な動物(ホメオスタシス)

・人が生きていく中で無意識にとらわれているものとは? など

意図を明確にして行動し続けるためのポイント

・未来への紐付けによる行動マネジメント

・優先順位をつけるために必要なこと

・恐怖心に打ち克つ    

・自己啓発やふわふわスピリチュアルからの卒業 など

身体・心・魂の磨き方

・心と身体のインプットの経路を変える

・ノイズとなるものを注意し、避ける など

「言霊」を使いこなす方法

・物質の背景にあるものとは?

・言葉に宿るエネルギーとは何か?

・言葉を宿らせるには『○○』を変える など

行動のマネジメント

・迷った時に必要なこと

・理想の未来へと近づく行動の判断基準 など

責任感を育てる秘訣

・責任の裏側にあるものとは?

・責任感を育てる要因 など

過去のパターンを変えるために

・まずやるべきこと2選

・置き換えをうまく活用する など

行動せざるを得ない状況をつくるコツ

・どういう前提で生きるか?

・人の活動の9割以上を左右するものとは?

アウトプットのマネジメント

・まず減らすものは何か?

・おススメの習慣はこれ! など

断捨離メソッド

・あなたの世界から消去する

・捨てられなくても効果がある方法 など

進化・成長するための奥義

・他人の進化を自分のものにする方法 など


”言霊”の章(遊言実行)
~ 遊ぶように言葉を操り、現実を動かす行為へと変換する ~



この章でのテーマは【言霊】です。

あなたは今までに、『聖書』を読んだことありますか?

ちなみに僕は、たまたま入った幼稚園がカトリック系でした。


いつもお昼ご飯を食べるときには、

意味も分からず手を合わせて、祈りの言葉を唱え、

最後に、「アーメン」と言って食べていたり。

クリスマスの時期になると、これまた意味も分からないまま、

イエス・キリスト誕生の物語を演劇したり。


そんなところだったので、

卒園式には証書と一緒に『聖書』をもらうんです。

だた、字も小さいし、漢字も多いし、太いし、重いしで、

なかなか子供には読めないですけど。


その聖書の中で、

『はじめに言葉ありき』


という記述があるんです。


この世のすべてのもの、人が人生で経験するすべての事は、

『言葉』によって創造されます。

『言葉』について理解し、その扱いに熟練することが、

あなたが望む人生を創造するための秘訣になります。


人マネではなく自分らしく、持っている能力をフルに発揮し、

魅力を輝かせながら自分を貫き、人生を楽しみ、豊かに生きる。

そのためには、自分の想いを『言葉』に紡ぎ、

それを誰かに伝え、あなたが生きる世界へ発信することが不可欠です。


ただ、『言葉』といっても、

僕がここで意図する『言葉』という単語の意味は、

一般的に使われる『言葉』とは抽象度が違います。

その捉え方が、もっと広くて深くて、

指し示すものが多面的であるということ。


たとえば、脳内で繰り広げている表に出ない会話のような、

左脳的思考も一つの『言葉』と言えますし。

日常で使う誰かと会話する時の、

コミュニケーション手段としての『言葉』もあるし。


見方を変えれば、“行為”というのも、一つの『言葉』になります。

誰が、どういう状況の中で、

どのタイミングで、どういった行動をとるのか。


実際の言葉で示していなかったとしても、

その“行為”には明確なメッセージ性を持ちますよね。

こんなふうに、『言葉』について深堀していくと、

いろんな抽象レベルの概念を行き来することになるので、

とてもここで語りきれるものではないです。


ただ、一つだけ明らかなことがあります。

それは、現実面で変化するスピードが早い人や、

自分軸をもって人生を歩んでいる人の言葉には、

強い『言霊』が宿っている、ということ。


それとは反対に、現実をなかなか変えられない人、

同じ日常の繰り返しで生きている人、他人の価値観で生きている人、

いつも周りに振り回され、世間に流されて生きている人。

多少稼いでいても、自分らしくないことをやっていて、

どこか幸せじゃなさそうに観える人などの言葉には、

びっくりするくらい『言霊』が宿っていません。


透けて見えそうなくらい薄っぺらく、

中身もなくてスカスカで、拍子抜けするくらいです(笑)

ということで、この章では抽象~具体までをバランスよく、

かつ実践的で再現性のある方法であると同時に、

日常の広い範囲で応用できる内容をお伝えします。

SNSでも、ブログでも、メールでも、LINEでも、

面と向かったコミュニケーションにしても。

どんな視点で、どう考えながら『言葉』を紡ぐことで、

そこに大きな『言霊』のエネルギーを乗せられるのかについて、

解説していきます。


【内容】

『はじめに言葉ありき』

・すべては言葉によって創られる

・言葉とは何か など

言霊の科学

・物理(存在)と情報(概念)

・言葉の役目 など

エネルギーとは何か

・ポテンシャルと臨場感

・抽象度と臨場感

・空想と妄想と虚想 など

エントロピー

・カオスとエントロピー

・情報エントロピー など

コンテンツとコンテクスト

・記号とエネルギー

・カタチにならない価値 など

シン・コミュニケーション

・情報操作と縁起

・言葉と関係性 など

言葉による情報操作

・抽象度が違う『言葉』の掛け合わせ

・すべての”在り方”に通じるもの など

なぜあの人の言葉には『力』が宿るのか

・言葉に力が宿る要因とは?

・情報量とエネルギー など

言霊を宿らせる方法

・まず2つのことを変える

・語るべきこと など

相手と宇宙を共有する

・心理学ライティングはもう古い

・認知科学的パラダイム など

認知科学的アプローチ

・脳の機能を理解する

・学習の仕組みを理解する 

・サブリミナルを駆使する など

信念体系を書き換える

・『神の声』はどこから届くのか?

・接触回数と感情

・宇宙の共有 など

“自分の宇宙”構築法

・キャラクターとコミュニティ

・言語&非言語的アプローチ

認知科学的なストーリー表現

・すべての行動で判断基準になるものは何か?

・後出しと現在進行形

・資産になるのは『〇〇〇〇』 など


”変革”の章(超越俯瞰)
~ 過去・現在・未来の自分すべてを味方にする ~



この章でのテーマは、『変革』です。

あなた自身はもちろんのこと、

あなたの人生を変えることについてお伝えしていきます。


ここで一つ、お聞きします。今のあなたは、

『子どもの頃に憧れたあなた』


になれていますか?


あなたは、自分のことが好きですか?

なりたかった自分になれていますか?

今、あなたが生きている日常を振り返り、

生きたい人生を生きている、と自信をもって言えますか??


今までの人生の中で、改めて自分自身に対してこういう問いかけを

してみたことはあるでしょうか??

年代によっては知らない人もいるかもしれませんが、

昔、SMAPの歌で「夜空ノムコウ」というのがありました。


その中に、こんな歌詞があります。

“あのころの未来に ぼくらは立っているのかなぁ…
全てが思うほど うまくはいかないみたいだ
このままどこまでも 日々は続いていくのかなぁ…
雲のない星空が マドのむこうにつづいてる
あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ…
夜空のむこうには もう明日が待っている”




この曲が発売されたのは、1998年1月14日。

今から24年前で、当時の僕は16歳でしたが、

この曲が爆発的にヒットしていました。


僕もよく耳にしていて、大人になってからも、

時々ふと思い出して聴くことがあります。

それから進学し、社会人になって就職し、

仕事を続け、それなりにライフスタイルが固まり。


20代後半に入り、30歳を前にして、

自分のこれからの未来をなんとなく考え始めたあの頃。

僕はたまたまこの曲を聴いて、

この歌詞を耳にして、思わず“ドキッ”として、

心がざわついた記憶があります。


“あのころの未来に ぼくらは立っているのかなぁ…”


16歳の時にはわからなかった、

大人になってから抱いた気持ちや感情や想いなどを、

そのまんま言い当てられた感じでした。


これって人によっては、あまり直視したくないことかもしれません。

こういう問いかけを目にしたり、耳にしただけで、

顔を背け、逃げ出したくなってしまうかもしれません。


でも、そういうことの繰り返しの先にあるのは、

今と変わらない、過去のあなたが生きてきた人生と変わらない、

同じようなステージの繰り返し。

代わり映えのしない日常が延々と続くだけの、

消化試合のような人生が待っています。


残念ながら、変化できない者に待つ未来を考えると、

決して明るいとは言えないでしょう。

今、あなたが苦手だと思っていることはきっと、

将来も苦手であり続けるでしょうし。


そのままの生き方では、収入や人間関係、

生活レベルの水準などというものを考えてみても。

おそらく今のあなたが、

予想できてしまう範囲内におさまるでしょう。


人と接するのが苦手だ。

人と人間関係を築くのがうまくない。

という人は、この先も人と関係を築くことに対して、

苦手意識や恐れを持ち続けるでしょうし。


当たり前ですがそういう意識が続けば、

人間関係が良くなることなんてありえません。

いざというときの行動力や決断力がない、

と自覚している人であれば。


将来的にも、肝心な決断やチャンスをつかむ行動がとれず、

“あのときこうしていれば・・・”


と、後悔する人生を歩み続けるでしょう。


カードローンや毎月の支払いにアタマを悩ませ、

お金のやりくりにやきもきしながら毎日を送る人は、

将来もお金に苦労し続ける人生を送るはずです。

いつか宝くじが当たったり、

何かウマい儲け話が自分の元に転がり込むんじゃないか。


そんなふうに都合よく考え、妄想を抱き続けるだけで、

結果的にお金とは縁のない人生を歩み続けるかもしれません。

ネガティブなことばかりを並べてしまいましたが、

ご容赦ください。これにはちゃんと理由があります。


僕があえてこんなことを言っているのは、

今これを読んでくれているあなたの心のスイッチに届くようにと、

感情が動くようにと思っているからなんです。

その結果として、あなたの中に

『当事者意識』


を生み出したい、と考えてのことなんです。


これからお伝えすることは間違いなく、

あなたの人生で『価値』を生み出す可能性の高い情報です。

ただ、もしあなたが『当事者意識』を持たないまま、

“聞いたことある” “知ってるつもり” “わかったつもり”


で読み流してしまうと、生み出されるはずの『価値』も消えてしまう。


なので、ここまで読んでみてもしあなたが、

何か心に引っかかりを覚えたり、「ザワッ」とするのなら、

その感覚を大事にしながらこの先を読み進めてください。

読み終える頃には、きっとあなたの人生を変える、

大切な『気づき』を受け取ることになるはずです。


『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』
— チャールズ・ダーウィン —




『変わりたい』

『自分を変えたい』

『人生を変えたい』

と願う人は世の中にたくさんいます。


願うだけでなく、

そのための方法を勉強する人もたくさんいます。

でも、実際に『変わることのできた人』は、

はたしてどれくらいなのでしょうか?


現実的に目を見張るような変化や進化を続けていたり、

現実的に目を見張るような変化や進化を続けていたり、

圧倒的な結果の『違い』を生み出す人たち。

その背景には、一体どんな秘密があるのでしょうか??


その答えは、意外にシンプルです。

本当に大事なことや本質的なことは、

余計なものが削ぎ落とされてシンプルになっていきます。


世の中の『変わりたい』という人のほとんどは、

“今すぐ”とか、“明日にでも”といったような、

即効性や即自的な結果を求めすぎているように感じます。

確かに時代は、スピードが速くなっています。


気になることがあれば、

ネットで調べるとすぐにそれなりの回答が得られる。

何か欲しいものがあっても、

ネットで注文すれば早ければその日に届く。


そんな時代なので、

即効性や即自的な結果を求めるというのは、

仕方ない事なのかもしれません。

ただ、それはあくまでも、

人生における『点』での話にすぎません。


人生というものの『流れ』を理解せず、

経験していることをすべて、

独立した『点』だけでとらえています。


たとえば、人と話すのが苦手な人は、

それをいきなり変えてしまいたい、と考える。

で、何か魔法のようなノウハウやスキルを求めたり、

なんとかしてくれそうな誰かを求めて彷徨ってみたり。


そうやって、自分の弱みだと認識していることや苦手な部分、

問題や悩みを生み出している本質や背景としっかり向き合わないまま。

その『苦手』『弱み』という表面的な結果の部分だけが、

今すぐ消えてなくなってしまえばいい、と考える。


これは、西洋医学的な考え方と似ています。

たとえば、あなたが慢性的な腰痛で悩んでいて、

あるとき腰痛治療のゴッドハンドの存在を知る。


場所を調べて予約を取り、時間を作ってそこに向かい、
施術してもらって、それまでの腰痛がウソのように消えた。

気分よく家に戻り、数日は何事もなく過ごせたが、
ある時にまた腰痛がジワジワと再発。


で、またそのゴッドハンドを頼り、
神業でその痛みを消してもらって家に帰る。

すると、ある時またその腰痛が再発する。
そしてまた、ゴッドハンドの元へ・・・・・。




こういうサイクルにはまってしまう。

でもこれって、よく見ると一時的に、

悩みや症状という”結果のみ”をすり替えているだけ。


実はその原因が、その人の食事ライフスタイルなど、

生活習慣が原因だったとしたら・・・。

表面的な腰痛をいくら消しても、

また同じ生活をしていたら再発するのは当たり前ですよね?


それは、人の『変化』でも同じです。

ドーピングのような手法で一時的に別人のようになれたとしても、

そんなもの長くは続きませんし、まやかしでしかない。


もちろん、短期間に大きく変貌を遂げる人もいますが、

そういうのは死を身近に感じたりとか、どん底を味わったりとか、

人生でよほど劇的な経験をした場合の話です。

でも、自分を変えるのに、

そこまで劇的な『変化』を求める必要なんてないんです。


重要なのはむしろ、

『変化』そのものではなく『変化を継続させること』


なんです。それが、

【”点”ではなく”流れ”でとらえる】


という意味です。


いきなり大きな変化を起こそうとするのではなく、

小さな変化を起こしながら、それを継続させることで、

結果的に大きな変化になる、ということ。

そして、ほとんどの人に足りないのは、

『継続させるためのエネルギー』なんです。


変化を継続させるためのエネルギー、それは人間として、

“自分の人生を生きるためのエネルギー”とも言えます。

多くの人は『変わりたい』と思いながらも、

『欲望』が足りなかったり、『決意』が足りなかったり、

『責任』が足りなかったりします。


また、『理想』というものも、変化を続けるための

モチベーションを生み出すのに、とても重要な役割を果たします。

これらのことを本当の意味で理解していないから、

あなたの『変わりたい』という願望はいくら頑張ってみても、

いつまでたっても現実のものにならないんです。


これが、

「変わりたいと願うのに、変われない人」


の裏側にある理由です。


あなたは、なりたい自分になるために、

しっかり自分の『欲望』をコントロールしていますか??

本当に変わろうと、心の底から『決意』していますか??


自分の人生は自分のものだと、すべての主導権は自分にあると、

その『責任』をもって日々を生きているでしょうか??

今、あなたが認識している自分の弱みや苦手意識に対して、

それを克服した『理想の自分』を明確に思い描いて、

そこから『希望』のエネルギーを生み出せていますか??


これらのことができていれば、人は自然に、

自分がなりたいと思った自分に変わっていくものです。

ちなみに、『ホメオスタシス(恒常性)』という言葉を

聞いたことがあるでしょうか?


これは人間が生きていくうえでとても重要な働きです。

生命活動が維持されるには、一定の条件や状況、

環境が満たされている必要があります。


たとえば、内臓や細胞が正常に働くためには、

体温が一定範囲内に保たれている必要があります。

それ以外にも、水分や栄養素、酸素などが、

体内に必要な量を満たされていなければなりません。


そのため、身体の中の生命活動は、

過去と同じパターンの状況をつくり出す方向に働き続けます。

体温は一定に維持され、体内環境にも急激な変化が起こらないように、

無意識レベルでコントロールされます。


これは、意識の世界でも同じで、人の潜在意識には、

『現状維持メカニズム』というものが働くようになっています。

つまり、あなたの心も身体も、

「昨日までのあなたと同じあなた」であり続けようとします。


ということは、大前提として人は本質的に、

『変化』に対する抵抗を受けながら生きている


ということです。


だから、『変わりたい』『変わろう』と思っても、

その変化が長続きせず、元のパターンに戻ってしまうんです。

あなたが、過去に変わろうとして、

失敗に終わったことを思い出してみてください。


そこには何かしら、

外的な原因があったように錯覚しているかもしれませんが。

その実態は、あなたが過去のあなた自身に引っ張られて、

変化することに失敗した、ということ。


あなたが『変わりたい』『変わろう』と思ったとき、

最大の敵になるのは『あなた自身』だということです。

では、僕は自分自身との戦いに勝利したから、

自分を変えることに成功しているのでしょうか??


違います。そうじゃないんです。

僕は、自分自身の過去と和解し、過去の自分、

いや過去だけではなく、

過去・現在・未来のすべての自分を味方にしているんです。


じゃあ、そのための最初の一歩は何か。それは、

“まずは何をどう変えていけば、

『なりたい自分』に近づいていけるだろう??“



という、自分自身との丁寧な『対話』です。


さらに、弱点を克服した未来の自分を明確にイメージし、

その未来の自分から『希望』のエネルギーを受け取って、

行動を変えるためのモチベーションに変えました。

たとえば、コンプレックスから解放された自分になれたら、

世界の観え方がどんな風に変わるだろう??・・・とか。


接する人全員と仲良くなれて、信頼され、

周りを明るくし、癒しを与え、必要とされる人間になれたら、

どんな風に感じるだろう?・・・とか。

そういう自分が未来に確実に存在する!そうなる!

と、自家発電的に自分の中でエネルギーを生み出したんです。


これが、

“過去・現在・未来を味方にする”


ということです。


また、そうやって『今』の自分を変化させることが、

『習慣』として身につけば・・・。

今度はあれほどやっかいだった“ホメオスタシス”が、

『変化し続ける』ことを維持しようというモードの方に

スイッチが入って働き出すんです。


“過去・現在・未来”を味方にできれば、

“ホメオスタシス”すらも味方にできるんです。

つまり、

“あなたにとって最大の敵はあなた自身である”と同時に、

“あなたにとって最大の味方となるのもあなた自身だということ。


どうでしょうか???

だんだんと話の流れや全体像、

大事なポイントなどがみえてきたでしょうか?


こういった『変化のメカニズム』

人が『変身』し人生を『変革』させるときに、

そこで何が起こっているのか?

そこにどういうエネルギーが作用しているのか??


そういったことが理解できていないから、

多くの人は『変わりたい』と思っているのに・・・。

ありふれた成功本や自己啓発、

怪しげなスピリチュアルなどにハマりこんでしまう。


『知識太り』でただ意識が重くなるだけで終わったり。

ノウハウコレクターのセミナージプシーとして、

来月も来年も未来までも彷徨うことになるんです。


僕が今、運と縁を引き寄せ大きな流れを掴めているのは、

なりたい自分、理想の自分をしっかり明確にイメージして、

そうなるための選択と行動を続けたからに過ぎません。

そして、その根本には、

『諦めなかった』『やめなかった』ということがあります。


言葉にすればシンプルですが、

これができる人がほとんどいないのかもしれません。

僕は、人生の局面で迷いながら、悩みながら、

大きな失敗もしながら、悔し涙を浮かべながら。


自分の行動にさんざん後悔もしながら、どん底に落ちながら、

逃げ場のない行き止まりに追い込まれながらも。

決して諦めず、方向を定めて動き続けたから、

今の僕という形で存在しているんです。


理想の自分が存在する未来の可能性と希望を見据え、

なりたい自分に少しでも近づけると感じたものは、

食わず嫌いをせず、なんでも一度は経験して。

いいと感じたものは取り入れ、違うと思ったものは潔く捨てて、

絶対自分のものにして活かそうと、貪欲に吸収してきました。


そのための自己投資につぎ込んだお金や時間、

そこに傾けた精神力、エネルギーも、

おそらく人並み以上だったと認識しています。

僕は、「なりたい自分」になることを描き、諦めず、

人生に『変革』を起こすための行動をとり続けただけです。


「行動」は、マインドセット(信念と思考の回路)から生まれます。

そして、マインドセットは、

セルフイメージ(在り方)から生み出されます。


そのセルフイメージは、“自分そのもの”とも言えます。

そして、セルフイメージがどうやって生まれるのかを知れば、

自分自身を自由にデザインし、

創りかえられるということになります。


多くの人たちは自分のことを、

“固定された変わらない存在”

“能力も運命も決まった存在”


と考えてしまうことが多いようですが、僕は違うと考えています。


少なくとも「セルフイメージ」は、

“自由に書き換えられるもの”だと理解しています。

であれば、マインドセット(信念と思考の回路)も変わり、

そこからすべてが変わっていくはず。


偉人の格言にもあります。

心が変われば態度が変わる。
態度が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

運命が変われば人生が変わる。



そしてここで最初に言われている”心”は、

「意識」「マインドセット」「在り方」とも言い換えられます。


だから、自分は変えられるということも知っているし、

弱点は強みへ、『苦手』は『得意』へ変換できるし、

人は誰でも『なりたい自分』になれると信じられる。

セルフイメージを変えることで、

過去・現在・未来におけるすべての自分を味方につけ、

現実世界や人生をコントロールできるわけです。


そのメカニズムであったり、

自分を変えること、現実を変えること、

望む人生を歩んでいくための方法。

その秘密を、この章の中でお伝えします。


【内容】

・変化における2つの意味

・変化のための2つのアプローチ

・認識の転換

・自分とは?その定義は?

セルフイメージとは?

・エゴ(自我)について

・人生を創る方程式

・彩りある人生を過ごすカギとは?

・自分だけの強力な武器を生み出す方法

・まずは「〇〇〇」をデザインする

・あなたの人生を創るものは何か?

・無意識の意識化

・自分のステージを上げるために欠かせないモノ

・人が最も影響を受けるのは何か?

・人が縛られてしまうものは何か?

人だけが使えるサイキック=「〇〇」

・望む人生へ近づくための大事な視点

・成長を促すために有効なテクニック

・マインドセットを変える最短の方法 など


以上が、【自場創造】でお伝えしていく3つのテーマ、

♦覚醒

♦言霊

♦変革


に関する内容になります。



それでは最後に、

プログラムの概要や参加方法などについてお伝えしていきます。


プログラム概要

今回のプログラムには、以下の2つのコースがあります。

・個コンサル付きマスターコース(4カ月間)

・コンサルなしオンライン学習コース(カ月間)



それぞれ説明していきます。

個別コンサル付きマスターコース
カ月間)


配信されるセミナーを順に学びながら、毎月の個別コンサルを通して、

情報空間とリアルな現実空間でシンクロしながら、

『生まれ変わり』を実現していくコースです。

毎月のやりとりで質問や相談があれば、直接で聞くことができるので、

ここで学ぶ内容を確実に自分のものにしていくことができます。

内容


①専用サイトで繰り返し学べる動画コンテンツの配信(130本)

②2カ月目以降、月1回の個別コンサル(合計3回)

③チャットワークなどでの質問受付

④4つの特典コンテンツを提供(PDF資料)

・「セルフイメージが自然に上がる」習慣化の方法

・人生を好転させる「7ステップチャレンジ」

・「成果を出せる人と出せない人の違い」マニュアル

・あなたの「センスと行動力を3倍化」できる10のノウハウ


このコースでは4か月間、

お互いに密なやりとりをしながら関わっていくため、

本気の人だけに参加してもらえるよう、

それなりのハードルがある価格設定としています。

今回の企画の意図や、僕の理念に共感・賛同して参加してくれる方に、

できるだけ『価値の高い場』を提供するため、ご理解ください。

個別コンサルなしオンライン学習コース
カ月間)


オンラインでセミナーコンテンツを受け取っていただき、

自主的に学び実践していただく3か月間コースです。

チャットワークなどで随時、質問を受け付けます。

内容


①専用サイトで繰り返し学べる動画コンテンツの配信(130本)

②チャットワークなどでの質問受付

③4つの特典コンテンツを提供(PDF資料)

・「セルフイメージが自然に上がる」習慣化の方法

・人生を好転させる「7ステップチャレンジ」

・「成果を出せる人と出せない人の違い」マニュアル

・あなたの「センスと行動力を3倍化」できる10のノウハウ

<プログラム開始日>


2022年9月16日~

個別コンサル付きマスターコースは4カ月間
個別コンサルなしオンライン学習コースは3カ月間



<募集人数日>


個別コンサル付きマスターコース(4カ月間)

 ⇒ 5名限定


個別コンサルなしオンライン学習コース(3カ月間)

 ⇒ 10名限定



受講費および支払方法


【個別コンサル付きマスターコース(4カ月間)】

   定価:330,000円(税込み)

期間限定キャンペーン価格40%オフ

  一括払い:198,000円(税込み) 

    分割払い:69,300円×3回 または 36,000×6回 


【個別コンサルなしオンライン学習コース(カ月間)】

   定価:99,000円(税込み)

期間限定キャンペーン価格40%オフ 

  一括払い:59,400円(税込み) 

    分割払い:22,000円×3回



※銀行振り込みorクレジット決済。分割払いはクレカ決済のみ可能。

※銀行振り込みの場合、振込手数料はご負担ください。なお、振込書を領収書に替えさせていただきます。

※分割払いの場合、途中で支払いが滞るとそれ以降は参加不可となります。

<キャンセルポリシー>

お申込後のキャンセルおよび返金は不可となります。

お申込み期限


・このページに記載している公開終了日時まで

もしくは

・各コースの募集店員に達した時点まで

公開終了まで 残り
00日00時間00分00秒
お申込み

個別コンサル付きマスターコース(4か月間)はこちら



個別コンサルなしオンライン学習コース(カ月間)はこちら



各コースともに人数限定となっているため、先着にて定員が埋まり次第、募集を終了します。

フォームからのお申し込み後、お支払いの確認ができ次第、参加確定となります。

お申込み順ではなく決済順にて先着扱いとさせて頂きます。


<最後に>

今回のテーマは、『生まれ変わり』です。

世界では水面下で、今までとは全く違う流れと動きが進んでいます。

つまり、”このセカイそのものが生まれ変わる” ということ。


それによって、これからさらにハッキリと、

人類が二極化、三極化していく世界が待っています。

その本当の意味、これから起こるシナリオを知って準備して、

実際に動いているのはまだごく限られた人だけでしょう。


そして、実際に大きく世界が変わるのは、2025年です。

これはもう、決まっているようです。

ということは、その手前にある2022年~2024年が、

新世界の創造と二極化の振り分けが起こる「最後のタイミング」です。


だからこそ今、セカイの生まれ変わりと共に、

あなたも生まれ変わって新世界のパラダイスへと続く流れに乗るのか。

それとも、今のままの状態でいることによって、

今しかないその流れをつかめず、これまで通りのセカイで生きるのか。


どちらの「セカイ」に進むかを選択するのは、あなた自身です。

もうすでにその準備ができている人。シナリオを知って動けている人。

運も縁もコントロールでき、人柄も在り方も霊格も申し分ないという人は、

このプログラムは必要ありません。


ただ、もしあなたが、このギリギリのタイミングで変化し、

その大きな流れに乗ってパラダイスへと進みたいという場合は、

何か僕にサポートできることがあるのではないかと思っています。

確かに金額だけを見れば、

安いモノではないと感じる人もいるでしょう。


ですが、セカイと共にあなた自身も『新しい自分』へと生まれ変わる、

その極意を身につけて。

あなたが最高に幸せを感じられる理想のあなたとして、

新世界で楽しく豊かに人生を歩んでいく。


それだけのことを実現する智慧を、何のコストも支払わずに

手に入れたとしても、決して大事に扱ってはもらえないでしょう。

そんな、価値のない『安売り』はしたくないのです。

あなたのためにも、僕自身のためにも・・・。


もしあなたが、毎月のお金のやりくりの中で、

今回の参加に必要な金額を捻出するだけの『努力』や

『行動の修正』ができない人だとしたら。

このコンテンツを学んだところで、

大事なこと、僕が伝えたいことは伝わらないでしょう。


この金額でもまだ『高くて支払えない』と感じるのであれば、

ここで学ぶよりも先にやるべきことがあるはずです。

そういう人は、今はまだこのプログラムに参加して、

このコンテンツを学ぶべきタイミングではない、という判断になります。


ですが、ここまで読んでくれているあなたは、

決してそうではないと、僕は思っています。

これだけの文章を読んでくれたり、

時間とエネルギーを投じて関わってくれている。


それだけでも本当に凄いことですし、それができているあなたなら、

もっとすごい力も発揮できるし、さらに豊かな人生も待っているはず。

僕の発信を受け取り、僕からのお手紙を丁寧に読んで、

僕の意図や理念をちゃんと理解したうえで。


『生まれ変わり』を実現し、【転生の極意】を習得したいと望む人なら、

誰でも参加することができるようにと考えて作りました。

理想の自分へ生まれ変わり、運と縁を引き寄せる。

そのために必要な人柄を磨き、波動を高め、霊格を上げる。


これに集中し、洗練させる取り組みを始めるのは、

できる限り早いに越したことはありません。

様々な想いとエネルギーを込めて、

これからの世界の流れと展開をイメージしながら、

あなたに向けてこのお手紙を書きました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの参加を、楽しみにお待ちしています。

一緒に流れに乗っていきましょう☆

日向 英敏

公開終了まで 残り
00日00時間00分00秒
お申込み

個別コンサル付きマスターコース(4か月間)
一括払い:198,000円(税込み) 
分割払い:69,300円×3回 または 36,000円×6回



個別コンサルなしオンライン学習コース(カ月間)
一括払い: 59,400円(税込み) 
分割払い:22,000円×3回



各コースともに人数限定となっているため、

先着にて定員が埋まり次第、募集を終了します。

フォームからのお申し込み後、お支払いの確認ができ次第、

参加確定となります。

お申込み順ではなく決済順にて先着扱いとさせて頂きます。


プロフィール

日向 英敏(ひなた ひでとし)

日向ウェルネスサポート 代表

 ---------------

♦理学療法士

♦自律神経・内臓・体質改善専門セラピスト

♦脳力アップと覚醒を促す“超古代瞑想”教師

♦パフォーマンス向上アップコンサルタント

♦エネルギー整体師/細胞・粒子浄化ヒーラー

♦カバラ数秘カウンセラー/スピリチュアル・コーチ

♦『負けない/折れない/ブレない心』と『高いコンディションを保てる身体』を手に入れ、“勝ち残り生き残る人”を育む専門家

♦心身の健康、人との繋がり、お金・時間の自由と豊かさ溢れる人生へと導く「ウェルネス・ライフ・プランナー」

---------------

<ミッション>

「治療や薬に依存しないあなたオンリーワンの健康法とセルフケアの普及に努める」

「細胞・原子・粒子を神にする生き方へ導き人と世界の浄化・覚醒・解放に貢献する」

「身体・心・魂すべてを成長、進化させるための知恵と学びを子供たちへ伝えていく」

---------------

もともとはリハビリ専門国家資格である「理学療法士」としてICU、終末期ケア、在宅医療、スポーツなどの現場に従事。

老若男女問わず3歳から103歳までの人達と関わり、1,000人以上の死と向き合う中で西洋医学への疑問を抱くと同時に、自らの無力さと限界を痛感する。

東洋医学、代替医療、ヒーリング、エネルギー療法、ボディーワーク、心理学、認知科学、量子物理学などについて学び、自律神経・内臓・体質改善専門セラピストとして独立・開業。 

老若男女を問わず幅広い世代を診る傍ら、医療従事者、セラピスト、一般人を対象に、健康法、施術・ヒーリング技術、セルフケアなど各種講習会やセミナーを全国各地で開催。

オリンピックやプロ選手の健康管理・指導に携わる日本人ドクターに同行し、J1リーグ所属のサッカー選手トレーニングサポート、JKAミドル級王者メンテナンス施術、ハワイジム所属総合格闘家のパフォーマンスアップ指導なども実施。 

最適な身体の使い方やエネルギー向上法を用いて、経営者、アーティスト、受験生、子育てママなど、関わったクライアントは受講生を含め延べ1 万人以上の施術や指導にあたる。

現在は心身の健康、人の繋がり、お金・時間の自由と豊かさ溢れる「ウェルネスライフ」へと導く各種サービス・サポートを提供。

時間と場所に縛られず、仕事の90%をリモートワーク化して収入をコントロールできる働き方へとシフトしつつ、最先端ヘルスケアの普及とアドバイザーの育成に努め、精力的に活動している。

また、エネルギー整体、古代瞑想法、神事、チャネリング、カバラ数秘、統計心理学、スピリチュアル、ヒーリング、霊障、細胞粒子浄化・供養なども探求しており、見える世界と見えない世界の両面から、より良く生きる秘訣や方法、新時代の生き方や覚醒法をセミナーや講座にて伝えている。

著書は電子書籍を含めこれまで3冊出版。1冊はAmazonでベストセラー1位を獲得。